ボランティア ビィアンピンホーム

長い間チェンマイのボランティア事情をアップデートしていませんでした。

ボランティアを志望する場合一般的には長期間可能あるいは専門知識がある人が優先されますが、短期間でも受け入れている処の一つにチェンマイの公立児童養護施設ビィアンピンホームがあります。内容はホームの子ども達と一緒に遊んだり、全般的な世話をすることが主です。

先日このホームのスタッフと話す機会があり、最近の状況が分かりましたので下記しておきます。

• ボランティア志願者はビアンピンホームの'How to Help’ から申請書をダウンロードする。
• 申請方法はメール、ファックスあるいは本人持参。
• メール・ファックスで申請した場合はその可否を後日ホームに問い合わせること(ホームからの連絡はありません)。
• 許可された場合はパスポートの顔写真があるページとビザのページのコピーを提出。
• 期間は原則的に最長4週間。それ以上の場合は要相談。

ただし2012年2月現在では多数のホームの子ども達が里親やNGOに引き取られ通常のおよそ半分の人数になっている上、ヨーロッパからの学生ボランティア20人が5月まで研修中のため、新規ボランティアの受け入れは原則していないそうです。

それ以降であれば可能でしょうし、ホームへの交通の便も良いのでボランティア斡旋エージェントに頼まず自力でチャレンジしてみたいという人にも良い施設ではないでしょうか。
[PR]
by karihaha | 2012-02-13 19:10 | ブログ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 肝っ玉母さん タンブン >>