かご

メーオーナイ村民の主要な内職の竹かご作り。 村の保育園の先生に案内されて子ども達の家庭訪問をした時のショット。
c0071527_221325.jpg
 

その製作工程は、まず村の近辺の森に入って竹を取ってきます。 それを細かく裂き、
c0071527_2292665.jpg


裂いた竹を天日乾燥し、
c0071527_2210518.jpg


編む
c0071527_22113687.jpg


かごは村やその周辺で栽培される野菜の出荷用に使われます。 全工程を終え、かごが完成した出荷値段は4バーツ(11円)です。 いえ、40バーツでも400バーツでもありません。 一日一人が平均10個完成できるらしいです。



メーオーナイ村はタイ第2の都市と言われるチェンマイから北へ70KMの村です。車の運転の出来ない私でも、公共交通機関を使って週に数回訪問できるぐらい比較的アクセスの良い場所にあります。 

つまり村人の生活環境から南へ70KM圏内では日本と同じようにiphoneが特別ではない, Starbucks Coffeeの一杯60バーツを許容範囲とする人々も住んでいます。
[PR]
by karihaha | 2012-03-20 22:28 | ブログ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 遠い道のり 学期末 >>