ビルマ難民キャンプでの火災

3月22日午後、ビルマとの国境の街メーホンソンにあるビルマのカレン族のための難民キャンプで火災があり、住人40人が犠牲になりました。その他100人余りが現在も入院中、そして2,300人が家をなくしました。

出火原因はまだ判明していませんが、いずれにしろその建物は、私の通う村にある難民達のものと大差ない『掘っ立て小屋』に近いものでしょう。 そのためあっという間に燃え広がったことで犠牲者の数が増えたのは想像にかたくありません。

新聞によると川に近い立地ということで住民達は移転を望んでおらず、同じ場所に建てるキャンプは1ヶ月後には入居可能とのこと。その所用期間の短さからしてまた同じような建築物になるのでしょう。それではこのような惨事の再発を懸念してしまいます。


こんな大事件にも関わらず、その報道量の少なさにタイ人の関心の低さを見る思いです。明日はたまたまビルマ関連のセミナーがあるので詳しい話が聞けるのではと期待しています。


現場写真
[PR]
by karihaha | 2013-04-02 04:09 | ブログ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< セミナー 1 卒園式 >>