タイ正月

いよいよソンクラン(タイ正月)です。 別名水かけ祭りとも言います。

一年で一番暑いこの時期、水で涼を取りたいと思う気持も分からないではありません。ただしその水が清潔で、氷が入っていなくて、場所をわきまえてくれたらのことです。


昔はジャスミンの花を浮かせた水を、肩や背中に少しかけあって互いの健康と幸せを祈るというような『奥ゆかしい』ものであったようです。 

その片鱗をチェンダオ郡の役場での集まりで見ました。 地域のお年寄りを呼んで、年長者に敬意を表すという会です。毎年ソンクランの前に行われる行事のようです。年少者は年長者の前にひざまずき、香水を捧げると、年長者はアドバイスの言葉をかけた上で、おまじないの白い糸を年少者の腕にまくというものです。そのため年長者はそれぞれお坊さんの托鉢鉢のような容器を持参します。


行事もつつがなく終わり、お年寄りたちが家路につくと、早速残った大人たちの『いつも』のソンクランが始まりました。

ヌット先生は携帯電話を水浸しにしてしまい、カメラをだめにしてしまった人もいます。帰りのバスでは開いていた窓から大量の水をぶっかけられました。


これがあと3日続きます。 やれやれ。


c0071527_2081343.jpg
c0071527_2084082.jpg
c0071527_2091644.jpg
c0071527_2094362.jpg

                  稲の緑がすがすがしい  ↓
c0071527_2010270.jpg
 
[PR]
by karihaha | 2013-04-11 20:11 | ブログ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< アウンサンスーチーさん 保育舎 >>