タブレット

知人が校長を務めるチェンマイ郊外の山に囲まれた平地にあるこの学校にも、今学期からかねてから聞いていたタブレットを使ってのクラスが導入されたと言う。

まだ小学校1年生だけに、一日1時間のみということらしいが、訪問した日のクラスではタブレットを使っている子供と書き取りをしている子が半々ぐらい。聞いてみるとまず、書き取りがしっかり出来てからタブレット操作を許可するとのこと。

確かにPCに頼ると読解力は付いても、書き取りの力が劣ってくるのは私も経験している。 それなら高学年から導入すればいいのに、と思うのは私だけでないと思うのだが。。

器械本体の値段は2,400バーツ(8,000円強)で生徒用に開発されたものとか。帰ると電気も水道も通っていないような家の子供にとっては目を見張るような『魔法の機器』だろう。


器用にタブレットを操る子の横で、まだ書き取りを強いられている生徒の羨ましそうな眼差しが可愛い。


c0071527_16333426.jpg

c0071527_1634442.jpg
c0071527_16345757.jpg

[PR]
by karihaha | 2013-05-30 16:36 | ブログ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 保護者会 ムーカタ >>