1cm

ヌット先生の誕生日にケーキが用意されました。

お昼寝から目覚めると、「ケーキを食べるよ!」という先生の掛け声に電光石火の速さで飛び起きた子供達。 

円陣を組んだ子供達の真ん中でおごそかにケーキを切り分ける先生。その手許を真剣に見つめる子供達の目。

タイ独特の『ハッピーバースデイ』だけを繰り返すバースデイソングのあと、配られたケーキは厚さ1cm! つい先日13歳までケーキを食べたことがないという少女に会ったばかりなので、5・6歳の彼らにとっては待ちに待った美味珍味なのかな?

そう言えば支援金からブドウを買ったよという報告を受けたときのこと。 高くて普段は手が出ない、絵でしか見たことのないこの果物に喜んだ多くの子どもが、保護者に興奮して話したそう。そのときも2粒ずつ。

次の私の誕生日にはせめて2cm、倒れないケーキを食べさせてあげたいなあ。
c0071527_16575595.jpg

c0071527_16571816.jpg
c0071527_16573475.jpg

[PR]
by karihaha | 2013-06-30 16:57 | ブログ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< スクサ・ソンクロ やっと雨季 >>