2013年のいまも。。

支援先の一つの保育園に入ってきた園児を、先生がFBに載せていました。

『このリス族の少女の両親はなく、祖母を頼って村に移ってきた、寄宿先の親戚は貧しく、支援をお願いしたい』というのがその内容でした。



雨季のいま、スコールは珍しくない日々ですが、今日は朝から日本の梅雨のようなしとしと雨が振る中、その少女に会いに村に行ってみました

先生によると家族はあまりタイ語が通じないとのことでしたが、雨の今日、少女のおじにあたる人も日雇い仕事がなく在宅で、その上その人がビルマ出身のリス族の女性と結婚したタイ人ということで、詳しい事情が分かりました。


おじの家族構成は夫婦と3歳ぐらいの娘。奥さんは妊娠中。 祖母というのは奥さんの叔母にあたり、5年前にタイにわたってきた。 その際に少女の兄といとこにあたる孫二人を連れてきた。 少女の母は生まれてすぐに亡くなり、その後少女の面倒をみていた父親は2ヶ月前に他界した。そのため祖母が再びビルマに帰り、少女を連れてタイ入国をした。


『入国』とは普通考えられる、領域に入りしかるべき入国審査の上、滞在を許可されるというようなものではありません。 前の投稿に書いた70年近く前の中国、国民軍のように徒歩で山を越えて来たのです。昼間は行動を避け、夜間の行軍でタイ国境まで5日間かかったそうです。少女のか細い身体を見ると、よくぞ無事でという思いを禁じえません。


タイ語が全く理解できないのは大きな問題ではないでしょう。子どものことだから数ヶ月で片言以上の域に達するのは簡単だと思います。それより一番の問題は身分を証明すべき何らの書類もないことです。祖母に姓名を聞いても要領を得ません。少女の出生に前後して国を出た祖母や兄にはいたし方ないこと?


将来、あらゆる場面に於いて無国籍者の少女の人生は多難だというのは間違いないでしょう。
c0071527_0281511.jpg




 
[PR]
by karihaha | 2013-07-30 00:29 | ブログ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 再犯 給食 >>