母親、三者三様 (2)

少し前になりますが、25年の刑で服役中のNamuuの母親に再度面会に行ったときのことです。

 前回 からはおよそ1ヶ月の期間を経ての面会で、その分母娘とも落ち着いて話している様子に、私の出る幕はなく、ただ最後に前回は見かけた母親の姉の刑期は決まったのか、と聞きました。 すると思いがけない答えが返って来ました。

「刑期はまだ決まっていないけど、つい数日前無事女児を出産し、いまは刑務所にまた戻ってきている」。

「赤ん坊!?」

前回は座っていたので妊娠中であったことさえ気がつかず、この話は寝耳に水で心底驚きました。いま四十歳の姉はたかだか6ヶ月間の『娑婆暮らし』の間に妊娠し、再び舞い戻った刑務所で子どもを生み育てようとしているのです。

面会が終わり刑務所を出たあと、Namuuが「お母さんがチェンライの姉妹の兄に連絡して早急に面会に来て欲しいと言っている。赤ん坊の件もあるし、母親自身も履いていたスリッパを盗まれ、いまは裸足で過ごしている。お金も全然ないのでそのことも相談したいから」と言い出しました。

前にも書きましたが、刑務所では食事と囚人服は支給されますが、それ以外の日用雑貨は本人が調達せねばなりません。でも、それでなくても寄宿先の夫婦に遠慮して暮らしている12歳の少女が、夫婦の姉と義兄にあたるそのおじ夫婦にそのようなことを切り出せないのは目に見えています。

お手伝いさんのような生活でも我慢に我慢を重ねているNamuuに更に気持の負担を強いようとしている母親。彼女の心情を慮ると、定期的に会いに連れていくのが果たして良いことなのかどうか、迷いがでてきます。
[PR]
by karihaha | 2013-09-29 17:55 | ブログ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 母親、三者三様 (3) DNA? >>