3歳

Buuが3歳になりました! 

子どもはあっという間に大きくなるとはよく言われますが、ことBuuに関しては正直言って、『やっと』という感が否めません。

2年半前にBuuを知ったいきさつは、N病院にいたBuuをJohnが退院後2週間自宅で面倒をみたあと、親許に連れ戻した直後に村に同行して訪問したときでした。その後いつの間にかJohnが手を引き、私が継続して面倒をみることになったのです。

その間Buuを取り巻く環境も変化しました。 当初はどちらかと言えば父親の方が愛情を注いでいたように見受けられたのが、最近は薬物中毒も疑われるようなありさまで、いつ行っても自宅で寝転んでいるだけで、日雇い仕事に出ている風もなく、Buuをあやすこともしません。母親はその分、口数が少なくなり、見た目も暗く厳しい現状に途方にくれているという感があります。

これはただ単にBuuの存在がそうさせているのではなく、他のもろもろの問題も含めて、夫婦関係がうまくいっていないのだと想像しています。

そんな最悪とも言える環境にいるBuuですが、社会福祉局や病院等々、手を尽くしてはいるのですが、現状ではまだBuuの根本的救済の突破口がなく、家族に託さざるを得ない状況です。


でも今回は嬉しいことが! 退院して2週間たちますが、1ヶ月間の入院生活で少し回復した体重がそのまま維持されているようなのです。頬もうっすら肉がついてBuuも気分が良いようで、私の声に反応して大きく口を開け笑ってくれます。

3歳ぐらいまでは病気がちの子どもが、それ以降は見違えるほど丈夫になったという話もよく聞きます。Buuもそうあって欲しいとあらためて思った日でした。
c0071527_21183444.jpg

[PR]
by karihaha | 2013-10-31 21:19 | ブログ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 金髪の天使、その後 子どもらしく >>