会いたかった

寄宿学校住まいだったAhtitは、中学1年生からお昼ご飯が支給されないことで学校に行かなくなってしまいました。

一度は電話連絡が取れたものの、彼の村へ行こうにも山の奥深い場所であるのは分かってはいるものの、Google Mapや市販の地図にも載っておらず、行く手段もないまま日々が過ぎました。

そんな時、ある友人の勧めでどこか中間地点で会ってはどうかと言われ、チェンダオ郡のバスターミナルで会うことにしました。しかしこの約束も簡単に出来たのではなく、何度も何度も掛けてやっとつながった電話の末でのことです。ことほどさように、彼の住む村は本当に人里離れた山奥にあるのです。

約束はバスターミナル横で定期市が開かれる日の午前中にしました。話のあと市に廻って、何か欲しいものがあれば買ってあげられると思ってのことです。その他に友人が呉れた古着や、お菓子、履物等々、Ahtitにとってはクリスマスとお正月が一度にきたようなプレゼントを携えて行きました。

バスは思ったより早く着き、約束の時間までは一時間弱ありました。でもきっと村を早朝に出なければならないだろうからと、次々と着くバスが気になり席を離れることもできませんでした。念のためと思ってかけた電話も相変わらずつながりません。チェンダオに近づいているのならある地点で電話はつながるはずです。もう帰ってしまおうか、とも思ったのですが、交通費を出してあげるからお金がないなら誰かに借りてきなさい、と言った手前そうもいきません。

約束の時間が一時間もすぎるころ、やっと姉から電話がありました。今日は村から出る車がなく、バスの走る幹線道路に行けなかったと言うのです。そのことを連絡しようにも電話がつながらなかったと。 普通では考えられないような不便な場所に住んでいるのだということも理解できますが、だからこそ一筋縄ではいかないジレンマも感じます。

結局重い荷物をもったまま、すごすごと帰ってこざるを得ませんでした。3年ぶりの再会が本当に楽しみだっただけに、がっかりしたのと徒労感で「もういいや」という気持が湧いたのも正直なところです。

でも少し落ち着いてみると、そんな村に住む彼の行く末が気になるからこそ、何か出来ないかと思ったのが今回の動機です。彼が一生村で暮らして行きたいと思うのであればそれはそれでいいのです。だったらそのための手助け、例えば養豚をするとか、何か現金収入になることでアドバイスなり支援をしてあげたいと思っていました。縁あって出会った子どもが必要とするなら、心の拠り所になってあげたいと思います。

彼が復学することを選んでも、幸いなことに来年度の新学期まではまだ間があります。村への車でのアクセスは難しくても、乾季中であればそれほどでもないでしょう。とにかく長い目で見て、辛抱強くするしかないのだと改めて思っています。
[PR]
by karihaha | 2013-11-28 18:59 | ブログ | Comments(1)
Commented at 2013-11-29 13:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 何とかして来てあげて 働く? >>