自己責任

c0071527_2171244.jpg

明日12月5日はタイ国王の誕生日、そして国民にとっては『父の日』になります。王妃のお誕生日8月12日に合わせた『母の日』に較べ盛り上がりに欠ける感がありますが、本来の、王様のお誕生日を祝う気持は国民の間に浸透していて、例えばいま盛んに報道されている政変騒ぎも、予想通り休戦に入りました。反政府側は6日から活動を再開すると言ってはいますが、こんなことからも現国王がいかに崇拝されているかが分かります。

ここ数年はご病気がちで、式典での恒例のスピーチも短くなっていますが、以前のものは外国人にも分かりやすいタイ語で、時にはユーモアも交えながら語りかけられたりして、毎年楽しみにしていました。さて、今年はいまの騒動について触れられるのでしょうか。


話は変わりますが、Memeeのいる学校の生徒、5人への後期分の奨学金を届けに行きました。授与の前に個々の生徒に前期の総括をしてもらう中で気がついたことは、同じような家庭環境出身であっても、親の目が届かないがゆえに同じ制服を着ていても身支度が随分違うということです。寮の先生も気をつけてはいるのでしょうが、最低60人もの生徒の面倒を見るわけですから、なかなか思うようにはいかないのは理解できます。

そんなことからも、小学校1年生から生活習慣全般がすべて自己責任になる生徒たちの、けなげさ・いじらしさに想いを馳せずにはいられません。
[PR]
by karihaha | 2013-12-05 02:17 | ブログ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< やっと会えた 何とかして来てあげて >>