Boo宅、そしてゾウに会いに

1ヶ月半振りにBooに会いに行ってきました。

今回も車を出してくれる人がいたので、お米、肉、ラーメン、衣類等々を積み込んでの半分ピクニック気分です。というのはBooの住む村周辺には川に沿ってゾウ園が散在しており、帰りにはそちらに廻ってみようということになっていました。


前日に連絡しておいた通り、家族全員が母親の働く喫茶店で待っていてくれました。今回は主に母親の病状を詳しく聞くための訪問です。実は四週間に一度の母親の定期健診に出向くと約束していたのですが、前回の検診には行っていません。

というのはもし万一HIV感染者であれば母親も知られたくないだろうし、という配慮の上なのですが、今回見せて貰った常備薬から判断する限りでは、その心配はなさそうです。彼女の持病は高血圧、高コレステロール、喘息と言ったところでしょうか。そのことは読み書きの出来ない母親に代わってBooがリストアップした薬名からも類推できます。

母親がタイ国籍を持っていないことは以前も書きました。カレン族である彼女自身が養護施設育ちですが、教育を受ける機会もないまま、幼い頃からずっと下働きで働き通しています。その分娘たちには同じ思いをさせたくないという気持が強く、経済的に許されるのであれば出来るだけ教育をつけさせたいと思っています。

しかし子どもたちが大きくなればなるほど、無国籍ゆえに実費で払わなければいけない医療費が重く家計にのしかかっています。病気の内容が内容だけに、一旦支援をスタートしたら長期的にならざるを得ません。あるいはBooが大学を出るまでと考えても、あと6年! それよりは何か別の収入を自立的に得る方法を支援した方がいいのでは、と頭を悩ましているところです。


そして帰りがけは計画通り川沿いのゾウ園に立ち寄りました。ゾウの数も想像以上に多く、施設への出入りも自由です。他のゾウ園だったらチェンマイからショーや昼食がついて1千バーツ(3,000円)ぐらいでツアーが出ていますが、個人的にはここのようにリラックスしているゾウを見るほうがいいですね。 決して無料だからというだけではなく。。
c0071527_2026513.jpg

c0071527_20255280.jpg

[PR]
by karihaha | 2013-12-11 20:28 | ブログ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 雨のメーオーナイ村にて やっと会えた >>