寒い!

時ならぬ雨続きの日がやっと去ったと思ったら、チェンマイに本格的な冬がやってきたようです。

今朝方など寒さで目が覚め、2枚重ねでかけていた薄手の毛布の下で震えることに。例年ならばこれで充分だった冬も、今年は勝手が違うようです。この10年間荷物を増やさないようにと、個人的な買い物は熟慮に熟慮を重ねるのですが、この寒さの前には全面降伏。 日中早速厚手の毛布を買いに行きました。普段は閑散としている店内が大盛況で、誰の思いも一緒のようです。

それでもチェンマイ市内の最低気温は10度以上はあるのでしょうが、密閉度の高いアパートに住んでいてもこれなのだから、チェンダオの村、換気抜群の竹や木製の家に住んでいる村人たちはどれほどか、と思っていたら先生のFBに寒暖計の写真がアップされていました。朝8時で10度! 15度でも村人にとっては大事件なのに。。
c0071527_21422948.jpg
 

一日中頭を離れないのは山間部に住む子どもたちのこと。特にBuuや奥深い山に住むAhtitのことが気になります。Ahtitには前回会ったときに寄付の品を併せて防寒着を数着渡してはあるのですが、次回は家族へ毛布を持っていこうと思っています。

余談ですが、一般的にタイの家庭ではまだ温水器があまり普及していません。村も同様で、たとえ電気が通っていても高価な温水器が買えないということもあるのでしょうが、習慣的なこともあり、シャワーあるいは貯め水で水浴するのです。何度か冬季に山岳民族宅へ泊まったことがあるのですが、貯め水を使って、日中の暖を頼りの水浴であっても、何かの修業のように思ったものでした。

でもさすがにこの寒さでは水浴びも断念しているのでは? 今度会ったときに聞いてみることにします。
[PR]
by karihaha | 2013-12-17 21:50 | ブログ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 防寒対策 雨のメーオーナイ村にて >>