防寒対策

c0071527_23462933.jpg

会う人ごとに「寒いね。こんなの初めて」と声をかけあう異常低温はまだ続いています。チェンマイの天気予報では、少なくとも年内一杯はこの気温が続くようです。まあ日本と違って唯一の救いは『木枯らし』が吹かないことかもしれませんね。

昨日は寄付の毛布を買っておこうと、まず大型スーパーに行きました。すると厚手の寝具売り場の陳列棚がすかすかになっていました。予想できたこととは言え、本当にここは亜熱帯のチェンマイなのか、と改めて思わせられます。

結局チェンマイで最大の公設市場で手に入った毛布。「去年の冬は全くだったけど、この2・3日の売れ行きで息をついているよ」とはホクホク顔の店主。


いま気になっているのは奨学生の中でも、地理的に一番辺鄙な山中の村にいるAhtit。姉に電話してみると、「寒いよー」とは言っても思ったより明るい声だったのが救いと言えば救い。「2月にラフ族のお正月があるから来てね」と言ってはくれたのですが、そんな先のことよりすぐに毛布を手渡す方法を算段しないと、と頭をひねっています。
[PR]
by karihaha | 2013-12-21 23:49 | ブログ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< Ahtitの村へ (1) 高難易度 寒い! >>