Ahtitの村へ (2)

村に着き、車の置ける広場でオートバイは止まりました。そこは一段と切り開かれ、近くには真新しい教会も見えます。ふと坂道の上を見ると、誰かが転げるように走りおりてきました。Ahtitでした。見晴らしのきく場所で待っていてくれたのでしょう。

挨拶もそこそこにそこから家への道案内を頼むと、ほどなくそれ以上は車の入れない路地です。そこで持ってきた物を運ぶべく家族を呼ぶように言うと、まず最初に乳児を抱いた少女と言ってもいいぐらいの女性がやってきました。この人が彼の義姉なのでしょう。あいさつもそこそこにまず年齢を尋ねると16歳との答え。若い!と言うよりは幼い。でもそれも山岳民族の間では特に変わったことではありません。

Ahtitの家はそこから急な坂を登りきったところにありました。道は砂地ですべる上に荷物を持っているのでバランスが悪く、竹葺きの家につく頃には息が上がってしまいました。こんなところを家族は毎日往復しているのですね。でもそれも慣れなのでしょう
c0071527_7335077.jpg


囲炉裏を切った室内では義姉とAhtitが並んで座り、他の家族は外で待機するという妙な構図になりました。しかし出かけていた母親も程なく帰ってきて、これも3年ぶりの再会です。気がつくとラフ族特有の家屋形式である張り出したベランダ(?)から村人が何人も顔を覗かせています。娯楽の少ない村では外国人の訪問は珍しいアトラクションになるのでしょうか。
c0071527_7344188.jpg


さて、まずは気になっていたとうもろこしの件を聞いてみました。前回会ったときにはもうすぐ収穫で、およそ1万バーツの収入になるだろうと言っていた件です。すると、案の定という話を聞きました。今年の低価格のせいで、売り価格は2万バーツだったものの、肥料や種のための借金を返すとまったく残らなかったと言うのです。家族全員が5ヶ月間働いてのことです。

庭に子豚が居たのでその件を聞いてみると、兄と自分の家族で1頭ずつ飼っているとのこと。他は同じく庭に放し飼いにされている鶏が収入源であり、栄養源です。


帰りがけには村長宅へ寄ることにしました。家族の収入を増やすには何が一番適しているのか助言を貰うためです。養豚に関しては案の上という返事しかもらえませんでした。村長いわく、豚の飼料が限られており、家族で飼えるのはせいぜい2頭までだろう。

確かに村人自体が食料確保・栄養補給に汲々としている現状では残飯もでないでしょう。見るところ実を外したあとのとうもろこしの芯がメインのようでした。


村長宅を辞した後は行きがけに見た村の保育園を訪ねてみました。ドイツ銀行の寄付で建てられた真新しい園舎はその向かいに見える教会と並んで、村人が住む竹葺きの家との格差を際立たせていました。
[PR]
by karihaha | 2013-12-28 07:39 | ブログ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< HAPPY NEW YEAR! Ahtitの村へ (1) 高難易度 >>