少年とスターフィッシュ(ひとで)

c0071527_132654.gif


ある日、老人が海岸を歩いていました。引き潮のそこは波にさらわれ打ち上げられた何千ものヒトデで一杯でした。

老人は美しい創造物を踏まないように注意深く歩きました。老人にはそれらはまだ生きているように見えました。 そしてそのいくつかでも彼らが居るべき場所に戻せば生き続けることが出来るだろうと考えましたが、全てを救うのは無理だと何もせず歩き続けました。

ほどなく同じ海岸で一人の少年に出くわしました。その少年はヒトデを一つ、また一つと取り上げ一心不乱に海に投げ返しています。

「何をしているの?」と老人は尋ねました。

「ヒトデを助けているんだよ」と少年。

「なぜそんな無駄なことをするの? こんなに多いんだから全部は無理だよ。それなら意味がないよ」と老人が言いました。

少年は躊躇うことなくまたヒトデを取り上げ、「でも、このヒトデには意味があることだよ」と言いながら、それを海に投げ入れました。



  この作者不明の英語で書かれた文に出会ったのは前職の財団で働いているときでした。それからはこの小文が『無力に見えても、たとえ小さなことでもやり続ければいいのだ。縁があって出会った人々と共に生きていけばいいのだ』と背中を押してくれているように思えます。

下にオリジナルの英文も併記しておきます。


The Starfish Parable

One day an old man was walking along the beach. It was low tide, and the sand was littered with thousands of stranded starfish that the water had carried in and then left behind.

The man began walking very carefully so as not to step on any of the beautiful creatures. Since the animals still seemed to be alive, he considered picking some of them up and putting them back in the water, where they could resume their lives.

The man knew the starfish would die if left on the beach's dry sand but he reasoned that he could not possibly help them all, so he chose to do nothing and continued walking.

Soon afterward, the man came upon a small child on the beach who was frantically throwing one starfish after another back into the sea. The old man stopped and asked the child, "What are you doing?"

"I'm saving the starfish," the child replied.
"Why waste your time?... There are so many you can't save them all so why does it matter?", asked the man.

Without hesitation, the child picked up another starfish and tossed the starfish back into the water... "It matters to this one," the child said.

[PR]
by karihaha | 2014-01-30 01:20 | ブログ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< ラフ族の暮らし 辛かったんだね >>