通学できるよ

チェンマイではこの数年とみに交通渋滞が目立ってきました。インラック政権の人気取り(?)政策のおかげで、新車を手に入れやすくなり、ローンを組んでこぞってマイカーを手に入れる人が増えたためです。

まあ、確かにバンコックとは違って、公共交通機関が全くと言っていいほど未発展の現状では、やむにやまれずという面があるのも理解できます。

車と並んでポプユラーな交通手段はオートバーイです。ベトナム・ホーチミン市ほどではないにしても、バンコックとは比べ物にならないほど利用されています。
c0071527_19481792.jpg


さて、Ahtitの通学方法に頭を悩ました結果、いま持っている故障中のオートバイを修理してみようということになりました。ちなみに彼は15歳ですが、こちらではもっと小さい頃から乗り回しているのが普通です。もちろん違法ですが、必要に迫られてというところなのでしょう。

ある朝、Ahtitの姉から電話があり、オートバイの修理が済んだということでした。修理工場はいつも行くチェンダオですが、修理代は私も出向いて払うからということにしました。

当日午後の約束に、午前9時に電話がありました。「今どこ?」と聞きます。まだ自宅だと言うと「分かった」と言いながら電話が切れました。 まさかと思いながらすぐに出かけて約束の場所に着くと、案の定、朝9時前から待っていたというのです。もう3時間以上たっています。いつも感じることですが、タイ人と待ち合わせするのは本当に疲れます。 普通は30分ぐらい遅れてくるのは当たり前ですが、いくらなんでも3時間前から待たれるのもナー。


修理費は予定より少し高くなりました。遠慮した彼がなけなしのお金を出してきたのですが、前回のとうもろこし栽培で全く収入がなかった状況を知っている身では、「いいよ」としか言えません。

何はともあれこれでAhtitの復学への障害がすべてなくなりました。 学習障がいのハンデはありますが、少なくとも義務教育の中学3年生は修了させてあげたいと思っています。
[PR]
by karihaha | 2014-02-23 19:52 | ブログ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 落成式 遠足 >>