影武者

c0071527_21362989.jpg

夏休み中のNamuuから電話がありました。 刑務所にいる母親に面会したいと言うのです。

前回水遊びに連れて行ったとき、近々お母さんに会いにいこうね、と言っていたのを待ちきれず早速の催促です。

『おばさんの許可は貰ったの?』と聞くと、従妹も行きたいと言っているので大丈夫とのこと。この従妹の母親、つまりNamuuの母親の姉も同じく薬物の罪でチェンマイ刑務所に服役中です。


当日はおばの経営するゲストハウス内のレストランまで迎えに行き、午後の面会を申し込むと、残念ながら従妹は面会の許可がおりませんでした。 身分証明書を持ち合わせておらず、不許可になったのです。 普段はチェンマイから北へ200kmほどのチェンライの叔父宅に身を寄せている彼女ですから、よくても年2・3回しか会えない折角のチャンスをのがしてしまったのです。 本人の不注意とは言え、まだ13歳の子どもこと、何とかしてあげたかったと残念でなりません。 ちなみに彼女の母親はNamuuの母親の刑期25年よりさらに長く、5千錠の覚せい剤所持で35年という刑が下されたばかりです。

面会室に入ってしばらく待っていると、母親が小走りやって来て、私たちの待つ席とはフェンスで隔てられた向かいの席に腰を下ろしました。 私は席をはずし二人っきりで話してもらうことにしました。スピーカーに顔をくっつけるように話す二人は泣いているようです。

しばらくするとNamuuが私を呼んでいます。その上で、母親と私に訴えるように「もうあの家にはいたくない」と言うのです。 ホテルの手伝い以外に、普段は家の掃除もしているが、少しでもおばの気に入らないやりかたをすると叩かれるというのです。

初めて聞いたそんな話で、何とかせねばという想いをさらに強く持ちました。 いまは子どもを預かってくれそうな財団に話を持ちかけていますが、Namuuのおばの都合と財団の思惑という大人の事情に何とか折衷案を見出さねばなりません。

幸いなことに財団側も積極的に動いてくれそうな気配で、上手くいけば来年度からは財団から学校に通えるかもしれません。

いまのところ母親からの要請があったという口実で、その財団が前面に出ておば達と話をしてくれることになっています。私はあくまで影武者です。もし万一おばが拒否した場合、『余計なことに口出しして』と遠ざけられる可能性を危惧してのことです。最悪の場合でもNamuuには私がいるという状況を守ってあげたいのです。
[PR]
by karihaha | 2014-03-31 21:36 | ブログ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 水浴び、ブルブル 完成真近 >>