久しぶり!

連日の蒸し暑さと、政変がらみの騒ぎで沈みがちなチェンマイですが、今日はNamuuに会いに学校まで出向きました。彼女は一時帰国中も一番気にかかっていた子供の一人です。

夏休み中にはもう一度遊びに行こう、刑務所の母親にも会いに行こうと言っていた約束も果たせずじまいでした。

それより何より気になっていたのは、もと居た財団でもう一度引き取ってくれないかと打診していた結果でした。 Namuuは私がその財団でまだ働いていたころ、刑期を終えた母親との暮らしを選んで帰宅した経緯があります。 その後母親は2度目の服役、それも25年という長い刑期に就いています。 結果論とは言え、そのときの判断が正しかったのかと今も自問自答している面もあります。


チェンマイに戻ってすぐ財団に結論を問い合わせてみました。 いままで2ヶ月間何の連絡もなかったことからもあまり良い結果は期待していなかったのですが、案の定その話は棚上げになっていました。もう少し様子を見たいということらしいのです。
c0071527_23121019.jpg

久しぶりに会った彼女はまた少し背が伸びた気がしました。 前年度の成績表の結果も素晴らしく、あの生活環境で本当によく頑張っていると思います。

おばのいるところでは無口になりがちですが、 周りに気がねなく話せる場所であれば驚くほど率直に物を言ってくれる彼女です。今日もそんな風に色んなことを話してくれました。 その中でも驚いたのはおば夫婦の関係がおもわしくなく、そのことによって家事はおろか、おばの3歳の娘の面倒を全面的にみる役目が増え、Namuuの負担が更に増したというのです。

Namuuは出来ればチェンライのおじ宅に戻りたいと直談判したらしいのですが、なだめられただけだったと言います。

小学校卒業まであと1年。 中学校に上がるまでには彼女が心安らかに暮らせる場所を探してあげねば、と思ってはいるのですが。。
[PR]
by karihaha | 2014-05-26 23:12 | ブログ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 新年度 クーデター >>