タイ人と何かしようとすると。。

一週間程前にAhtitから電話がありました。彼はこの新学期からお寺で中一をやり直しています。


電話の内容は、『新しい学校で小学校の履修証明書を求められているけど、前回それをとりに帰ったときに前の小学校から戸籍筆頭者のサインが必要と言われた。筆頭者は父親だけど、その父親が学校へ行くのを拒否している(!)』と言うのです。

私の知る限り、彼の父親は幼い頃から別居で定職につかず、どうして食べているのか謎の人物で、、保護者責任を全く果たしていないはずです。そんな人をいまだに戸籍筆頭者に据えているのも驚きだけど、サインをしにいくのを拒否するのにも二度ビックリ。 

「何でお母さんにしておかなかったのよ」と言ってもあとの祭り、その証明書がないと今の学校での勉強の継続が難しいと言われては重い腰を上げずにはいられません。チェンマイから130kmの学校へ行くのと、村から父親が6kmの距離を行くのと比べると、「絶対おかしい」と思っても、Ahtitの父母共ラフ族の村から殆んど出たことがなく、兄弟も似たり寄ったりの環境では、やっぱり私が行ってお願いする方が手っ取り早いんだろうな。
c0071527_21532295.jpg

当日はAhtitの姉と学校への最寄のバス停で待ち合わせ、彼女のバイクで学校へ行くことにしていました。村への電話はお天気によって、通じたり通じなかったり。再確認の電話もできないまま、一抹の不安を感じながら着いてみると、案の定姉の姿が見当たりません。そしてしばらく待っても来ない。 

『130kmと6km』。どうしてもこのことが頭をグルグル駆け巡ります。「それならもうイイヤ、帰る!」と啖呵を切りたいけど、困るのはAhtit。 結局待ち合わせの店でバイクタクシーを手配してもらい、山の中の学校へ。
c0071527_21541242.jpg

幸い顔見知りの校長先生が、「問題ないよ。明後日はチェンマイに行く用事があるから届けて上げる」と驚くほどスムーズな展開。 やっぱり私が来て良かったんだと、ちょっと気を取り直してはみたものの、学校のこの人によって違う対応と言い、Ahtitの家族といい、タイ人{一部の}と付き合うのは本当に疲れるなー、と改めて思い知らされた出来事でした。


そして、今回は一件落着だけど、これからもAhtitに関しては色々あるのだろうなー。 学習障がい(LD)の彼がどこまで頑張れるか。 この方向でいいのか、色々悩むところではあります。
[PR]
by karihaha | 2014-07-29 21:54 | ブログ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< タイ人と何かしようとすると。。... Namuu >>