大事なことは

日本人の若き大金持ちのボンボンが、ここタイで巻き起こしている体外受精騒動。正直『何をしてはりまんねん!!』という感想しかありません。


報道されている契約出産した“母親‘の棲家の貧しさは私などは、行きなれ・見慣れた光景です。一様に借金があったため、と言っていますが、最低30万バーツという大金に親子共々目をくらまされたのでしょう。所謂『あぶく銭』を手に入れた彼らは、TV画面を見る限りでは、その家の惨状とも言える状況からも、それを良い方向に使ったとはとても思えません。
c0071527_2245955.jpg

c0071527_22455637.jpg

写真は支援先の保育園の風景です。 バナナの葉をノート代わりに、書き取りの練習をしています。 

これは以前にも一度書きましたが、ある園児が宿題を書き写すノートを園に置き忘れた時、新しいノートを買う余裕のない祖母が苦肉の策として、バナナの葉で代用したのです。 翌日園児はそれを恥ずかしそうに提出したそうですが、宿題を忘れたくない孫とその祖母の知恵に感動したことがあります。 ここタイではいつでもどこでも手に入るバナナの葉。それをきっかけに、先生が切りそろえた葉を園での書き取り練習に利用し始めたのです。


遅々たる歩みですが、この園だけではなく、心あるタイ人やNGO関係の外国人たちが、子供たちを思って働いています。それに引き換え。。。


タイにもお金では買えない大事なものがあるということを、この代理出産騒ぎの‘父親’に声を大にして言いたい。
[PR]
by karihaha | 2014-08-14 22:50 | ブログ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 8.15 バンコックの9人の乳幼児 >>