冷蔵庫

現在奨学金を授与しているのは、小学一年生を筆頭に大学生三年生までの、25人を数えます。その支援内容は学生・生徒の学年や生活環境に応じてさまざまですが、その中には奨学金だけではなく、わずかとは言え、家族にも支援の手を広げている場合もあります。


その中の一人高校2年生のRの家に今月も行ってきました。 Rは93歳の祖父と少し知的障がいのある母との3人暮らしです。 
c0071527_15321936.jpg

いつも食料品を持って行くのですが、冷蔵庫がないためお米や缶詰・ラーメンそして卵といった、保存食に限られてしまいます。 でも今回は同行したヌット先生が、「この卵は冷蔵庫に入れておくんだよ」と言うのを聞いて、「エッ、冷蔵庫買ったの?」と聞くと、最近村で亡くなった人がいて、その冷蔵庫をお寺に寄付したのを、お寺が廻してくれたらしのです。

早速部屋に上がって見てみると、確かに年季の入ったのが座敷の壁側中央にドンと据えられています。 失礼ながら中を開けてみると、予想通りと言うか見事に空。かろうじて水のボトルが何本か入っていました。

実は私も何度か冷蔵庫を買ってあげようかと思ったことがあるのですが、電気代のことを考えると却って負担をかけるのでは、と躊躇していた経緯があります。というのもここタイでは、今もそうだと思うのですが、一定の電気使用量までは電気代がタダになるのです。 冷蔵庫を寄付することによって、その限度を超えさせることになってしまっては、という危惧があったのです。

もちろんその件はこちらが電気代を負担してあげたら解決することではあるのですが、いままで無くても回っていた生活を、こちらが一方的に『電気代もつけてあげるから』と言ってしまってもいいのかと、少しばかり悩んでしまっていました。

何はともあれ、冷蔵庫があるのであれば、これからは肉類や魚と言った生鮮食品も持っていけそうです。


帰り際、母親がヌット先生に小さな声で何か言っていました。後で「何だったの?」と聞くと、「バスがそろそろ無くなる時間だから、もし帰られなくなったら先生がチェンマイまで送って上げられるの?」と心配してくれていたそうです。彼らからは行く度に、庭に生っている季節の時々の果物や野菜を貰ったりしています。それが楽しみで通っているのもあります。

Rの家族と出会って2年余り。厳しい家庭環境の中に育ち、近い将来全責任を負わなければいけないであろう17歳。 彼女には出来るだけの教育を受けてもらい、このような家庭環境の若い女性に起こりがちな、彼女が犠牲になるような安易な方法で収入を得る道を選ばないよう、見守っていきたいと思っています。
[PR]
by karihaha | 2014-08-29 15:30 | ブログ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< Ahtitの寺子屋生活 Happy Birthday! >>