Buu 何度目の入院?

ビルマ(ミャンマー)の経済難民の末っ子Buuはもうすぐ四歳。彼女は出生時から脳性小児麻痺の障がいで、いまも寝たきりです。

Buuを支援しだしたのは出生直後からですから、もう3年以上になります。毎月届ける粉ミルクと僅かばかりの支援金が、彼女が一生懸命生きようとする大きな一助になっているのではと思います。

昨日もミルクを携えて家に行ってみました。 するといつになく鍵が下ろされています。丁度居合わせた近隣の青年に訊いてみると、入院中とのことです。 最寄のチェンダオ病院ではなく、チェンマイ近郊のナコーンピン病院とか。ということは普通より症状が重いのかもしれません。 同行したヌット先生も全く知らなかったらしく、すぐに村に行き、Buuの姉が通う小学校に出向きました。
c0071527_18112513.jpg


姉は一週間ほど前から入院しているけれど、それ以上の詳細は分からないと言います。父親も不在でしたが、予想通り病院にはまだ一度も行っていないと言います。そうすると今までの場合と同じように母親は無一文の状態で付き添っているのでしょう。唯一の救いは食事は病院の方から患者食が分け与えられているだろうということです。

「何で言ってこなかったの?」と姉に尋ねると、私の電話番号をなくしたから。という答えが返ってきました。 それにしてもヌット先生は近くにいるのに。。 いずれにしろ早速面会に行くしかありません。


問題の父親ですが、この数ヶ月間はまた薬物に手を染めている気配が濃厚です。薬を買うお金に窮して、時折持っていく友人たちからの寄付の品々を売り飛ばしているようなのです。一番最近聞いたのはBuuの粉ミルクを近隣住民に売ったことがあるとか。それを警戒してミルクはヌット先生に預けて必要の都度、少量ずつを保育園に取りにきて貰っていますが、いままでは封を開けていないミルクでした。それさえ売ったと聞き、今度は開封したミルクを何百グラム単位で計り、別のプラステックの袋に入れて渡すという方法を取ることにしました。 

ボランティアを通じて、考えられないと思わせられることを多々経験しますが、まさかそこまでするとは。。
[PR]
by karihaha | 2014-09-27 18:15 | ブログ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 栄養不良 家庭訪問 >>