やっと面会できた

久しぶりにチェンマイ女性刑務所に訪れたのは、ここから180kmほど離れたチェンライに住むNamuuのおじ家族と待ちあわせ、母親に面会するためでした。

学校の秋休みの一日、Namuuを母親に会わせるという約束がやっと実現したのです。Namuuにとっても母親にとっても5ヶ月ぶりの再会です。本音としてはもっともっと頻繁に会わせてあげたいのですが、現在Namuuが寄宿している先の親戚が、そのためにNamuuが学校を休むのを許さないのです。「せめて2ヶ月に一度半日ぐらい良いじゃない」というのは、100%責任を取っていない立場の第三者が口にしてはいけないことかもしれないのですが。。


今回おじにどうしても会っておきたかったのは、あと半年後に迫ったNamuuの小学校卒業、そしてその後の進路を相談するためでした。 Namuuとしてはいまの親戚の家にはこれ以上いたくないと強く思っています。子供のわがままと一概に言えない事情があるのは、この2年近くの間身近で見ていてよく分かります。 

そのため以前勤めていた財団で引き取ってもらえるよう働きかけていたのですが、頼みの綱の担当者が退職してしまい、連絡が取れなくなったいまではそれも頓挫しています。

今回おじにその話を持ち出すと、まだ何も考えていないが、いまのままでもいいのではと言う予想通りの答えが返ってきました。 これからもNamuuが日々の苦しい胸の内をまったく打ち明けていないことが分かります。 寄宿先とおじ家族が親戚同士であることからもあまりはっきりとは言えないこと分かります。


私も「Namuuがいとこたちと一緒にいたがっているから、彼女の希望を叶えてやって欲しい、奨学金等で出来るだけサポートするから」ということしか言えませんでした。


面会室に現れた母親は最初から泣いていました。 私も少し話しをしたのですが、やはり面会回数が少ないことに触れてきました。財団に引き取って貰えるよう働きかけていたことは彼女も知っているので、多分無理ということを伝え、いまはおじの家で引き取って貰えるようお願いしている、だから母親からもお願いするようにと伝えました。

「おじの家に移れればもう少し自由になれると思うので、もっと頻繁に会いに連れてこれると思うよ」と言うと、「もしそうなったら私もチェンライの刑務所に移れるように申請してみる」と言います。それを聞いたNamuuの顔がパッと明るくなりました。 

色々思考錯誤を重ねて来ましたが、いまの段階ではNamuuがチェンライでおじ夫婦やいとこたちと暮らせるのが一番だと、今日の皆と一緒のNamuuの様子からも思っているのですが。。
[PR]
by karihaha | 2014-10-31 20:57 | ブログ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< ロイクラトン、残念! 新学期 >>