やっと肩の荷が

このブログでも何度も何度も取り上げたNamuuの身の振り方に、やっと決着がつきました。

今年に入ってからは3月に迫った小学校卒業を控え、その後をどうするか。彼女としてはもうどうしても今の遠い親戚の元にいるのはいやだということで、私としてはお尻に火がついたような思いで思案をめぐらせ、心当たりのところにあたっていましたが、幸運なことに前職の元スタッフが働いている財団でやっと引き取ってもらえることになりました。

引き受けさきが見つかったとは言え、実現するまでにはまだまだ紆余曲折がありました。まず彼女が身を寄せている遠戚です。 たとえ13歳の子供をお手伝いさんのように使っていた人であれ、それ故にNamuuの子供らしい生活が拘束されていたとは言え、2年間という一宿一飯の恩義はあります。そして25年間という、彼女の母親の刑期を考えると、あと数年間後(18歳)にはNamuuも財団を出ざるを得ないとしたら、親戚づきあいを断ち切る訳にはいきません。

結局、無い知恵をしぼって刑務所職員の勧めで、ということにして何とか今週月曜日から財団に移れることになりました。


そして私も彼女の自助努力で新しい環境に馴染んでもらおうと我慢して、ここ数日は連絡しなかったのですが、明日は中学入試があります。財団の近くの公立の中・高一貫校での受験です。入試に関しては彼女の学力だったら多分大丈夫だと思うのですが、励ましの意味と、いやそれ以上にどうしているか心配で電話してみました。

すると、「楽しいよ。気楽だし」という明るい声を聞き、ホッと肩の荷が下りました。

今までの彼女の精神状態を考えると、財団でのセラピーも必要かも、とお願いしていたのですが、その必要もないかもしれません。これからは彼女も13歳の少女らしい生活ができる。やっと『大人の都合』に振り回されない生活をさせてあげられそうです。



下の写真は、これも卒園する支援先の園児たちへの心ばかりの品を送ったときのものです。 20数色の色鉛筆がメインだったのですが、その他に園児全員に持っていった、豚の頭を型どったお菓子の方が大人気で。。 これぞまさしく『花より団子』、でしたね。
c0071527_0285196.jpg
c0071527_0291347.jpg

[PR]
by karihaha | 2015-03-28 00:32 | ブログ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 節目、そして 煙害、そして卒業式 >>