奨学生いろいろ

6月も中旬を過ぎ、新学期が始まって1ヶ月が過ぎました。 奨学生との面談や保護者会、家庭訪問も昨日全員が終わり、ひとまず一段落です。

                 ↓保護者会風景
c0071527_19133216.jpg

c0071527_19155490.jpg

奨学生の内、今年の新学期からチェンマイのNGO関連の養護施設に受け入れてもらった少女3人、チェンライの施設に移った少年1一人、卒業生2人、学校の勉強についていけずドロップアウトした少年1人、合計6人が奨学生のリストから外れ、逆に前職の財団を離れ母親の元に帰った少女と、以前チェンダオの中学で支援していたものの、卒業を機にリストから外れた少女Mが新たに加わりました。


この少女Mは実は高校も継続して支援するつもりだったのですが、学校側が他の財団を紹介したということで、それならといつからともなく忘れていました。それがつい最近卒業校の先生と偶然街で会ったとき、3月にあった彼女にとっては1期後輩の卒業式で私を待っていたというのです。 実はその日は参加を予定していたのですが、後になって別の用事がもちあがり、都合でキャンセルした経緯があります。


そして6月に入ってから同校を訪問したとき、思いがけずそのMが私を待っていました。 当日は高校を休んでまで面会を希望していたのです。

話を聞いてみると、確かに海外のNGO財団から奨学金を受けとっているが、それは授業料と交通費だけで、昼食代やその他の教材費や諸々の学校関連の出費は母親に頼まなければならず、母親からは学校を辞めるように言われていると訴えます。

リス族である彼女の実家は、とうもろこしや農作物の栽培で生計をたて、身体障がい者の姉を含む家族全員が小屋のような家に住む実家は、典型的な貧農と言えるでしょう。そんな家族や集落の人々にとり、公立高校に通うMは特別な存在なのです。そして彼女はクラスで一番の成績を誇るがんばり屋さんでもあります。

これからどんどん奨学生も大きくなり、将来的には支援額の増額を考えなければいけなくなる中、奨学生の人数を絞らざるを得ないと思っていたのですが、結局Mにはとりあえずはあと2年間、高校を卒業するまでの支援を約束せざるを得ない気持になりました。
c0071527_19164025.jpg
 
c0071527_19171172.jpg

私をそのような気持にさせたのは、何よりMの積極性があります。なんとしても勉強を続けたいという熱意が伝わってきたからです。生徒会長に選ばれるような素質もさもありなんと思わせられたのです。そしてその後の連絡も頻繁に取ってきて、すべてはスムーズに進んでいます。これは長年のタイ生活の中でもかなり稀有な経験です。

正直言って奨学生の中にはありがたみが分かっていない、つまりは口を開けていれば何か落としてくれると勘違いしているんではないのか、という子供もいます。しかし年齢を重ねるほどMのような生徒が増えてきて、こちらも『義を見てせざるは』という気分にもなります。

Mはその中でも傑出した素質のある、支援しがいのある生徒です。
[PR]
by karihaha | 2015-06-18 19:27 | ブログ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< これでいいのか? 晴れて保険加入 >>