カオパンサー(入安吾)と4連休

遅れに遅れていた雨季らしい雨がこの10日間ほどはかなり連続的に降っています。

でも雨とは言え、雨季特有の突然のバケツをひっくり返したようなスコールではなく、一日中どんよりとした曇り空に、まさしく『しとしと雨』が降るという状況です。でもこのおかげで一時とりざたされていた『水飢饉』の心配は遠のいたようです。

一安心と思っていたら、タイ・チェンマイ郊外のメーテン郡にお住まいの人気ブロガーチェンマイ・田舎・新明天庵だよりさんによると、今度は今週一杯の天気予報では洪水・山崩れをもたらしそうな大雨に見舞われるかもしれないとのこと。これで確かに水不足が大幅に解消されるかもしれないけど、今度は水災害が心配されています。


そして今週末には仏教関係の国民の祝日が続きます。30日の木曜日は『三宝節』そして31日は『カオパンサー(入安吾)です。雨季のこの時期仏教僧が外出して芽生え始めた新芽や小動物たちを踏んでしまわないよう、およそ3ヶ月間のあいだ寺にこもり修業に励むのです。

当然官庁・学校・会社は日曜日まで4連休になります。実感として「またか!」という感じを否めません。国民の一般的な祝日以外に政府が突然「じゃついでにここも休んでしまおう」とばかりに、前後の平日が休みになることが多いのです。その恩恵を受けるのは勿論第一に公務員と学生たちで、市場や個人商店の人たちはそんな『贅沢』はゆるされないとばかりに通常営業をします。

余談ですが、個人的に祝日特に仏教関係の休みでとーっても困るのは、アルコール類の販売が禁止されることです。今週は2日連続なので、忘れないでストックしておかなければ。


今回は学校も4連休なので、いま面倒を見ている子供たちにも影響があります。自宅で親や親戚と暮らしている子たちは問題ないのですが、今年からある財団にお世話になりだした、Nok, Maai, Namuuや政府系の寄宿学校にいるMemeeたちも家に帰りたいだろうと思っていました。短い休みですから勿論それぞれの場所で過ごしてもいいのですが、周りの友達が自宅で過ごすとなると帰りたいのは当然です。

そんな時、Nokからの電話で盲腸で入院していると連絡がありました。飛んでいくと、遠いメーソットから実の父親と育ての母が来ていました。彼女の実の母はいまも刑務所で服役しています。
話の中で退院後は妹のMaaiも連れて帰り、休み明けにチェンマイに連れ戻すと言い、同じ財団にいるNamuuはチェンライのおじが迎えにくると聞き、これで3人はOKです。

残るはMemeeです。彼女はここにも何度も書いていますが、性格的に時にはどう対応すればよいのかと途方にくれさせらるような子供です。財団にいるときも色々な問題行動を起こし、最終的には他の子供のために手放さざるをえなかった事情があるのですが、この5年近くは私が1人でフォローアップをしています。

6月に訪問したときも一悶着があり、もう中学3年生にもなるのだから、何か言ってくるまで放っておこうと態度を決めました。常に気にはなっても、彼女に少し考えさせる良い機会かもしれないと思ったからです。

するとやはり昨日学校の公衆電話を使って連絡があり、今週末家(親戚の)に帰りたいのだけど、と言ってきました。彼女の学校は保護者が迎えに来ないと外出できないのです。

「水曜日の午後に迎えに行くから」と行って電話を切りましたが、さてさて本当に考えてくれたのでしょうか? 
[PR]
by karihaha | 2015-07-26 17:20 | ブログ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 7月8月のいろいろ 奨学生いろいろ (2) >>