前回のエントリーから早2週間近く。その間も色々な出来事がありました。その一部はここに書くのをはばかられるようなこともありましたが、その中でちょっと嬉しかったこと。

昨夜もビールを片手に夕食中電話がなりました。

「メー(お母さん)いま家にいる?」

今年の春から私が以前働いていた財団を離れ、親元に帰った高校1年になったKannikaです。

「居るよ」と言うと、いまから訪ねてくると言います。こんな時間に何事だろうと「何か問題でも?」と思わず問いかけてしまいました。 もう少しポジティブな返答をすべきなんでしょうが、やっぱり心配が先にたちます。

1時間後、Kannikaが私の住むアパートに母親と一緒にオートバイに乗ってやって来ました。手にはなにやら大きな箱を持っています。

「母の日(8月12日)に持って来れなかったので、遅くなったけど」

思いがけないプレゼントは彼女の属するモン族特有の刺繍の入った生地でした。
c0071527_556817.jpg

「自分で刺繍したの?」と聞くと、「そんなに上手くできないから買ってきた」と恥ずかしそうに答えます。 思わずぎゅっと抱きしめてしまいました。

彼女と知り合って10年にもなろうとしています。子供だとばかり思っていたのが、もう立派にそんな嬉しい配慮をしてくれる女性になったんだな、と感慨深いものが。。


今日別の生徒の大学進学に関わる奨学金増額の面接が終わり、増額分のスポンサーになってくださる方とお茶をしながらの話の中で、その方は「なぜそれほどまでに情熱を持って出来るの?」と聞かれました。

そこで気がついたのは、子供が小さかったころは確かに「可哀想、何とかしてあげなければ」という一途な思いがあったと思います。でも成長するにつれ、その情熱’とやらは影を薄めます。思春期に入った子供たちは可愛いばかりではありません。扱いに悩む子供もいます。

でもKannikaやAhtitのように人間として大事な部分をちゃんと身につけた子供がいます。大学生のPatも前回にあったとき「メーのお正月用の服を作っているよ」と言ってくれました。モン族はお正月用に毎年長い時間をかけて刺繍の華やかな晴れ着を新調するのです。このことは半年ほど前にも言ってくれていました。「来年のメーの衣装は私が作る」と。彼女はつい先日もPayaoの大学に帰る前にもわざわざ寄って柿をことづけておいてくれました。


昔の『情熱』は薄れてきたかもしれないけれど、子供の成長に伴い生まれる『絆』を感じ、それが支えになる時期になってきたんだと思います。
[PR]
by karihaha | 2015-08-29 05:35 | ブログ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 一時帰国 7月8月のいろいろ >>