飽きないなー。

今回の一時帰国は帰りに台湾の高雄に寄り一週間過ごしました。2,300万人の人口のうち、300万人弱が居住している、人口的には台北よりも大都会だとか。

帰りのフライトは台北に戻って超格安フライトを利用しました。V AirというLCCはシートセレクト、飲み物を除く機内食(内容は言わぬが花)そして20kgのチェックイン荷物代金込みで、何と3,080元つまり円では12,500円弱という信じがたい値段で、正直「大丈夫か?」と思ったのも事実です。案ずるよりは生むが易しとは言っても、チェンマイの上空にアプローチがアナウンスされると正直ホッとしました。


上空からのチェンマイの夜景はそれまで過ごした大都会とは全く違うボリュームのつつましい(?)明るさ。 「アー、チェンマイは‘田舎’だったんだ」と思わされた瞬間でした。 


でも面白いですよ、ここは。この数日間だけでも私としてはかなりツボの出来事が。。

仏さまの頭
無事チェンマイ空港に到着し、イミグレへ。順番になって係官の前へすすむと一番目につくところに、『お釈迦さまの頭をおみやげにするのは禁止』というポスターが貼ってありました。写真にはお釈迦さまの頭部だけの写真が添付されています。

一瞬「は?」と、すぐには理解できなかったのですが、多分頭部だけのお釈迦さまは不敬ということなのでは?? ちなみに仏像もある程度のサイズ以上(20~30cm)の国外持ち出しは禁止らしいですね。

無賃乗車
今日。 奨学生の1人に会うためにソンテウ(乗り合いトラック)に乗り込みました。旅行中に携帯が壊れて修理中のため、緊急の連絡がつかなかった彼女に直接学校に会いに行ったのです。

乗り込んだとたん20代とおぼしき青年が「今日はタダですよ」と言いながらパンフレットをくれました。TMB(軍隊銀行)のプロモーションで普段は20バーツの料金を支払うべきところを、銀行が貸し切って、利用者にはタダの宣伝だったようです。こんなことは長い滞在でも初めて。 降りるときには勿論「ありがとー」と大きな声で挨拶し、めでたく無賃乗車を終えました。


トラブルの渦中ではありますが、こんなことが心をなごませてくれます。
[PR]
by karihaha | 2015-09-18 23:00 | ブログ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< それぞれの進路 一時帰国 >>