里親

もう10年以上前の拙ブログのエントリーに珍しくも(!?)コメントをいただきました。その詳しい内容についてはここでは伏せますが、主題は『タイでの里親の可能性』についてでした。

個別にお返事しようかとも思ったのですが、長くなりそうなので、ブログにアップします。

まずご希望は日本での里親の概念と同じく、子供を引き取って、タイ国内である程度の年齢まで育てたいということだと思います。

外国人がこのような活動をする場合はやはり当地の社会福祉局で許可を得る必要があると思います。以前と法律が変わっていなければ、子供6人まではグループホームと言い、財団等の正式な資格を取得しなくても預かることが出来るのではないでしょうか? 実際に当地でクリスチャンの女性がそのようなホームを運営されているのを知っています。しかし実際に子供を引き取って預かるとなると、このブログでも何度も登場している国立児童擁護施設の『ビィアンピンホーム』とタイアップしての活動となり、厳しい審査もあるはずです。

外国人が里親になっているケースはグループホームでなければ、私が知っている限りやはりクリスチャン組織のメンバーが、各家庭1人ないしは2人という単位で、将来的に海外に養子縁組をする予定の子供たちを数年間預かるというケースです。大半が英米人ですから、言葉の面での渡航後のメリットがあるという考えがあってのことかもしれません。

ただしこの組織は、タイの社会福祉局とタイアップして海外への養子縁組を扱う、私的な4団体のタイでの出先機関の一つの傘下にあり、それだからこそ可能なのかもしれません。


もう一つの方法としては個人的なコンタクトの結果、つまりある人に頼まれて預かるということが可能かもしれませんが、個人間の場合は出来れば弁護士に相談して法律的に問題ないのか、そしてそれが可能であれば本来の保護者と正式な書類を作るとかの自衛措置が必要不可欠だと思います。寡聞にしてはっきりとは言えないのですが、滞在許可書(ビザ)の要件に抵触しないかどうか、という点も気になります。
[PR]
by karihaha | 2015-10-12 18:28 | ブログ | Comments(1)
Commented at 2015-10-13 23:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< センチメンタルジャーニー 秋休み >>