ボランティア?

11月に入ってからは恒例の奨学生への後期奨学金授与がてら、前期の成績を聞く作業がありましたが、やっとMemeeを含む8人の政府系寄宿学校学校を残すのみとなりました。この子たちはその寄宿学校に訪問し、一括で面接できるのでこの一連の作業も一段落ついたということになります、


嬉しいことに生徒たちは本当に素晴らしい成績を残した子供たちばかり。クラスで1番というのは普通(?)、学年順位でも2番の子を最高に1人の学習障がい児を除いて学年で1割以内の順位を維持しています。


私の奨学金の授与方法・金額は本人の境遇・年齢に応じて色々です。 授業料のみの子は学校から即領収書が出るので簡単ですが、特に高学年の子たちには一括で授業料を含む額を渡し、本人が管理した会計報告書を次の奨学金授与時に提出させています。報告書にはもちろん該当の領収書を添付する必要があるため、学生にとってはちょっとした手間かもしれません。

一応領収書は300バーツ以上の物件に、と言ってあるのですが、今回の面接で渡された全員の報告書にはもっと小額のものも律儀に添付してありました。以前はそんなことも出来ない生徒がいたのも事実で、やっと時間をかけて指導した甲斐がある、と成績とともに嬉しいことでした。



話は変わりますが、私のこのサイトは『ボランティアINチェンマイ』ですが、最近になってボランティアとは? と考えさせられることがあります。

ある日本語コミュニティー紙に、軍政権による外国人不法就労者に対する刑罰が厳しくなりなったこと。それに伴い無給のボランティア活動でも規制を強化するという内容の記事が載りました。

確かに無給のボランティア活動ではあっても労働許可証が必要というのは知っていますが、どこまでが規制の対象なのか? 私の場合はどちらかと言うとスポンサーシップ(タイ語で言うタンブン)に近い活動なのですが、それも範疇に入るのか?

スポンサーシップもだめとなれば私はかりではなく、いま短期・長期滞在中の一部のおじさま方にも大いに影響があるのでは(その意味はお察しください)。


そうかと言って支援途中の子供たちを放っておくことも出来ないので、防衛措置としてまずはこのブログを閉鎖しようかなー。



日曜日の昼下がり、車の少ない路上をいかにも重そうな荷物を押している老婆(?)に出会いました。リヤカーの中はダンボールや空き瓶です。 一旦は通り過ぎたのですが引き返し、「これで今日はもう帰って休んだらは?」と現金を渡さずにはいられませんでした。 「写真撮ってもいい?」と聞くと、「いいよ」とニコッと笑ってくれた彼女。 あのあと家に帰ったのかな。 

この『タンブン』も規制の対象? まさかね。
c0071527_1894763.jpg

[PR]
by karihaha | 2015-11-24 18:10 | ブログ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 12月5日 Tさんへ >>