寒い!

タイは熱帯に属していますが、ここチェンマイは熱帯から想像されるジメジメと蒸し暑い酷暑からは想像がつかないほど、年間を通して時には高温ではあっても快適な気候が続きます。

しかしもう真冬が終わろうとするこの時期に、今年は異常気象とも言える雨混じりの低温が続いています。そして山間部では霜が降り、さすがに熱帯の当地ではそれが大きなニュースになります。

街に出ると日中でも13度~14度にしかならない気候に対処するためのタイ人の防寒対策はさまざまです。短パンにゴムスリッパその上にフリースの上着の男性、毛皮付きのコートで厳寒対策をする人、中にはバスタオルや毛布を巻いた人もいます。 この10年以上の滞在では見られなかった珍しい(?)光景です。

ああ、早くいつもの気温に戻って欲しい。。


さて、年末年始にかけては日本からの避寒組の友人たちがチェンマイに来ていたのはいつも通りです。

そしてこれも例年通りモン族のお正月があり、彼女たちと出かけたりしましたが、そのうちの1人を誘ってチェンダオの支援先にもいきました。いつも通りの保育園と身体障がい児、そして90歳のおじいさんとその娘・孫という家族への支援の品々を持っていくためでした。

今回は友人が車を出してくれたので、日本からの友人にはチェンダオ山の素晴らしい景色も楽しんで貰えたのではと思います。

c0071527_2112684.jpg

その日はまず保育園、その後障がい児のBuu宅と訪問し、最後に高校3年になったRaenuu宅へ着くと、平日にも関わらず彼女は母親と野菜かご編みの内職をしていました。Raenuuには高校2年まで3年以上奨学金支援をしていましたが、3年からは彼女のなかなかの不祥事で支援を打ち切った経緯があります。そうは言っても家族の困窮を見てみぬふりは出来ず、食料支援だけは続けているのです。

Raenuuはもう数ヶ月で卒業ですが、その後の進路はどうするのだろうと気にはなっていました。そこで丁度良い機会と彼女と二人だけで話すことにしたのです。

その不祥事というのは、当時彼女は韓流にはまり、バンコックへファンであった歌手のコンサートを友人と見に行くため、知的障がいのある母親を言いくるめ、自宅の土地半分を同じ村の住人に売ってしまったのです。その代金5万バーツ(16万円)はバンコックへの交通費と滞在費に消えてしまいました。

そのことが支援を打ち切るきっかけでした。

c0071527_20592264.jpg

そのことを指摘すると、「当時は金持ちの友人に誘われるままあんなことをしてしまったこと、反省しています。いまではその友人たちとは付き合っていません」といいます。

もともとは彼女の素直さを見込んだこと。そしていまの家族にとってはRaenuuだけが頼りということでスタートした支援でした。いま1年ぶりに会ってみてその状況は変わっていないし、母親と一個仕上げて5バーツの内職をしているところを見て、もう一度彼女を信じてみようと決めました。

聞くと、高校3年の授業料を全額滞納しているとか。払いこまなければ卒業証書を発行して貰えない、つまり将来の進路も閉ざされます。

まずは授業料を支払いがてら、彼女の担任の先生と話し合いに行ってみようと思っています。
[PR]
by karihaha | 2016-01-26 21:01 | ブログ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 春一番 Ahtitのこと >>