春一番

東京では今日春一番が吹いたとか。 厳しい冬を過ごされている日本各地の方々には朗報ではないかと思います。

と言いますのも前ブログで嘆いたように、こちらでも史上初とも言われる厳しい冬日(と言っても市内では日中10度ぐらい、そして4・5日だったのですが)を経験したばかりで、暖房などはなく、着込むことでしか対処できなかった日々は本当につらかったー、からです。そしてバレンタインデーの今日、再び『嘆く』ことがあります。例年の煙害です。

軍事政権になってからさまざまな『改革』が行われ、身近なことで言えば月2回発行される、タイ人に大人気の宝くじは額面価格80バーツのところ、以前は中間業者のコミッションが加算され95バーツから100バーツ以上で売られていたのが、いまは80バーツに統一され、余計に人気が出ているようです。政府にしたら増収で『しめしめ』というところでしょう。


話が長くなってしまいましたが、この煙害にも当然対策が講じられています(と言われています)、罰金、実刑等々。その点では大いに期待感を募らせたのですが、やっぱりというか、今週に入っていつもならベランダからくっきりと見えるステープ山が煙のかなたに姿を消してしまっています。

北タイに接するミャンマーから流れて来ているという説もありますが、焼畑農業で生計を立てている農民(特に山間少数民族)にとっては死活問題に関わるので、背に腹は変えられないというところなのでしょう。

それはそうと何だかこの煙害が冬の終わりを告げる風物詩のように感じるのは私だけでしょうか?と言っても日本の春一番とは大いにその意味合いを異にしますが、、、
[PR]
by karihaha | 2016-02-14 14:44 | ブログ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 旧正月 寒い! >>