国民投票

日本では参議院に続く都知事選挙も終わり、まずはひと段落という感じですが、ここタイでは今日、軍事政権が起草した憲法改正法案に対する国民投票が実施されています(その内容は:
http://www.sankei.com/world/news/160330/wor1603300041-n1.html)。

さてさて、この結果次第では2014年5月以来の軍事政権が、来年の総選挙を経て民政に移管するとも言われていますが、どうなるのでしょう。


昨日、土曜日ともありグダグダと惰眠をむさぼっていると、Ahtitから電話がありました。 いまからチェンマイ経由で実家に帰ると言うのです。

いつものように最寄りのバス停で会いませんか?ということなのだろうけど、「もっと早く言ってよ!」。

でもこのような形(ドタキャンも含めて)で振り回されるのも慣れっこと言えば慣れっこなので、OKを出し、支度をしながら「なぜ今日?」とつらつら考え、「あ! 選挙!!」と思い至りました。


タイの選挙は住居登録簿 (タビアンバーン)に基づいた地域で投票するので、居住地に登録していなければその所在地までわざわざ出向いて投票します。 つまりちょっとした民族大移動が繰り広げられるのです。

大変だなーと私などは思うのですが、選挙権行使が義務であることとは別に、一般的に家族大好きなタイ人にとっては親・兄弟と会える絶好の機会なのでしょう。


結局、彼の甥がいまもICUに居るN県立病院で会うことにしました。ちなみに彼の甥はいまも意識がなく、子どもの両親(Ahtitの兄夫婦)は、昼間はICUの前、そして夜は病院の待合室でこの10日間を過ごしています。小児病棟であれば子どもに添い寝する形で、ベッドを共有出来るのですが。。

このような形で寝泊まりしている遠方からの親・親戚たちも多いのは、もちろんゲストハウス等の宿泊費をねん出できないからです。見たところ5日ほど前に比べ、母親は少し痩せた印象があります。


話は戻って、Ahtitはやはり投票のための帰省でした。仕事が休めないので、月曜日にはトンボ帰りしなくてはなりません。

ちなみに彼は確か今年の11月で18歳のはず? いいのか? 例えば年末までに18歳の人に参政権は与えられる制度なのかな?


「エー! 18歳!!」。

そうすると彼との付き合いももう11年になるんだなー。

[PR]
by karihaha | 2016-08-07 14:14 | ブログ | Comments(2)
Commented by 松本 at 2016-08-10 10:03 x
 こんにちは。いつもブログを拝見しております。
 ちなみに、ahtitくんの誕生日は、やはり日曜日ですか。
私も、同じ11月生まれなのですが、何曜日かを
調べるサイトなどをご存じでしょうか。
ahtitくんは18歳のようですが、私の方はもう60歳を迎えます。
タイのお寺では、うまれた曜日が大切と聞きますので。

日本でも、40度近くまで気温が上がる地区が毎日あり、
熱中症で数百人も搬送されているようです。

ビールで体温を下げて、お体に気をつけてくださいね。い

Commented by karihaha at 2016-08-10 16:10
日本の異常高温は、こちらで3月~5月に経験した猛暑を彷彿とさせ、心から暑中(猛暑)お見舞い申し上げます。

そうです。Ahtitは今年の11月で18歳になります。小さかった子どもたちがそんな年齢になるなんて、何だか感慨深いものがあります。

それと、曜日カレンダーのことですが、↓のURLで調べることが出来ますよ。

http://www5a.biglobe.ne.jp/%257eaccent/kazeno/calendar/

こちらは誕生の曜日がとても大事なようですね。 水曜日の曜日ブッダなどは午前と午後にまで分かれています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 電話 15才 >>