「ほっ」と。キャンペーン

映画 『君の名は』

ブログをお休みしていたこの1か月間。 何をしていたかなー? 

そうそう、学校の後期が始まって奨学生との連絡、面談、家庭訪問。そして後期分の支援金を渡したり、いつものように月例の支援先を訪問もしたっけ。 その他には?? 「ああ! 『君の名は』を見ました。あまり大したことはしていませんね。でも時は容赦なく過ぎていくものです。
c0071527_17195063.jpg
『君の名は』タイでの上映公開は11月10日だったのですが、とても尊敬する方が勧めてくださったのもあって、不入りの映画はすぐに打ち切りになるという事情を考えて、公開直後に見に行くことに。

日本での評判もさることながら、感想としては、「良かった!!」。 日本で一部評論されている「時を超えたラブストーリー」という取り上げ方も一理あるかもしれませんが、私にとってはこの映画はファンタジーではなく、未知だった時空を『あり得るかもしれない、そうかも知れない』という気付きに導いてくれたような気がします。

日本での好評価は同じように感じた人が多かったからかなー。でもここチェンマイでは全くと言っていいほどの不人りで、私が行った日など、平日お昼の時間帯とは言え、驚いたことに観客は私1人でした。
 

ところが! たったいまKad Suan KaewのVista館サイトを見たところ、今日現在はまだ上映していました。 90バーツ(270円)で見れますよ。 チェンマイの日本人定住者は3,000人を超えると聞きます。いまの内にご覧になったらいかがですか?

[PR]
by karihaha | 2016-11-27 17:21 | ブログ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 2016年の風景です タイあるある。 時間 >>