インタビュー

週2日ほど通っている場所があります。 そこではボランティアとして盲人の青少年たちへのアシストをしているのですが、一日4コマもすると、慣れぬこともあいまって、終わると結構ぐったりしてしまいます。

そんな日の楽しみは学校近くで偶然見つけたカフェでのひとときです。ネットスピードが速くて、コーヒーもまあまあの味。 そして何よりスタッフが心配りのできる人たちばかりなのです。ここだけの話、最後の要素はここタイではかなり貴重です。 だからどうしても頻繁に通いたい場所は限られてしまいます。

いつものようにホット一息ついていると、携帯が鳴りました。 未登録の番号だったので、いつもなら無視してしまうのですが、ちょっと気になることがあったのでとってみることにしました。

相手は英語で話し始めました。いつものタイ語の勧誘電話とは違います。

その内容はその『気になること』ズバリそのものでした。


実は先週末に、旧職でスタッフとして働いていた女性から、新しい仕事に応募したのだけどリファレンスとして私の名前を書いてもいいか、と相談があったのです。 とても有能な人だったので、勿論!と快諾していたわけです。

相手は色々お話したいので、20分ぐらい時間をもらえないかと言います。 横のテーブルには学生とおぼしき4人組が静かに勉強しています。 場所が場所だけに、ちょっと躊躇ったのですが、彼女のためです。小さな声で話せば良いかと了承しました。

結局10分間ぐらいの会話になりました。相手はとても満足してくれたようです。

会話が終わってフト横を見ると、その4人の学生は何事もなかったかのように勉強を続けていました。

居心地の良い場所は大事にしたい、だから今回のようなことはわたしにとってはルール違反なのですが、それを受け入れてくれる(多分)。 それもタイ人の懐の深さの一つの表れなのですね。

ありがとう。 そしてもちろん彼女が無事採用されますよう!

[PR]
by karihaha | 2016-12-07 22:26 | ブログ | Comments(1)
Commented by 小池 at 2016-12-09 10:25 x
居心地の良い場所は大事にしたいと思うならお店の外に出て電話すればどうですか?
日本でなら他人の目が気になって間違い無くお店の外に行くんじゃない⁉︎
あなたのルール違反をタイ人は懐が深く受け入れてくれると勝手に良いように解釈しているようです
タイ人は懐が深いのでは無く自分に甘い、自分のいい加減を他人に受け入れて貰いたいだから他人のすることにも
とやかく言わないだけ。こんな事今まで多くのタイ人と接してきたあなたにはよくお判りのここと思います。
あなたには日本人の血と文化が流れて入りはずいつの日も大事にしなければ.........
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< インタビュー。返信 先週は >>