「ほっ」と。キャンペーン

インタビュー。返信

私の前のエントリーにコメントをいただいた方がいます。電話をとったあと何故外に出て応対しなかったのか、日本人としてルール違反というお叱りを受けた次第です。

それに対して直接コメント返しをしたかったのですが、使い方が間違っているのか、直接のコメント返しが出来ず、誤解を招くのは承知の上で書いたことに反応されたことに、その喫茶店の立地が地理的にどのような場所であったか、あるいはどのようなニーズを私が感じてあえてルール違反したかは置いておいて、「おっしゃる通りです」と申し上げたいと思います。

ただ、1つ承服できないことがあります。それはコメントの中で:

>『あなたのルール違反をタイ人は懐が深く受け入れてくれると勝手に良いように解釈しているようです。 タイ人は懐が深いのでは無く自分に甘い、自分のいい加減を他人に受け入れて貰いたいだから他人のすることにも とやかく言わないだけ。こんな事今まで多くのタイ人と接してきたあなたにはよくお判りのここと思います』<

Kさんの(恐らく)個人的意見としてのタイ人に対するそのような評価にいまはとやかく言うつもりはありませんが、一つだけ申し上げたいのは、私も13年以上この地で暮らすなかで培った、タイ人に対する思いを申し上げただけです。
[PR]
by karihaha | 2016-12-09 22:38 | ブログ | Comments(3)
Commented by 小池 at 2016-12-10 11:25 x
あなたが、タイに何年住んでいるかは知りませんが・・・・・
日本でで学生が近く席で勉強してる店内ででんわで喋らないよね!
何故、常識がないと思われるから。
その日本では多分しないことを何故このタイでするの⁉︎
そこにタイだからまあいいか❓タイ人だからいいか❓という
奢る気持ち、慢心があるんじゃないの❗️
私の知り合いでも日本ではしないであろう飲酒運転をこのタイでは平気で
している人が何人もいる。それと基本同じ思考では・・・・
タイに住んで13年とアナウンスする所からその思考がうかがえる。
何年住もうが日本人としての常識日本人の文化をわすれずに・・・・
初心忘れず❗
Commented by karihaha at 2016-12-10 21:31
> 小池さん
この発信一方のブログに稀とも言えるコメントをいただいたおかげで、昨日からエキサイトブログの新バージョンのコメント返しを調べ、今回はコメント欄を使ってお返事します。以下はあなたのコメントに対する返事です。


ご高見ありがとうございます。 しかし私が店内で電話を取ったことを最初のブログの中でも『ルール違犯』と明言しております。つまり、普段であればしないことをあえてしたという認識はあってのことです。

しかしそれより気になったことで、コメント返しが出来ない中であえてコメントをブログに書いたのは、あなたのタイ人に対する評価が私とは違うということをお伝えしたかったからです。街に出てソンテウに座った途端に微笑みかけ、時には話しかけてくれる人々。縁があって知り合った子どもたちのことで外国人故に分からないことに適切なアドバイスをくれる知人たち。 もちろん良きタイ人の友人たちも私のタイ暮らしを長年に亘ってサポートしてくれています。

上のあなたのメールで驚かされたことがあります。 推察するところ、あなたはいまもタイに暮らしていらっしゃるのですね? タイ人の評価があれほどネガティブなのだから、てっきりタイ暮らしを引き払って帰国されたものとばかり思っておりました。
Commented by karihaha at 2016-12-10 21:55
>小池さん
それともう一つ。私がブログ云々関係なしに心がけていることがあります。

それは、見ず知らずの人に発信するときは、できるだけ相手を尊重した言葉使いをすることです。受手にも感情はあります。

特に今回のようなご意見は意見を全く異にする私のブログではなく、ご自分の発信の場でなさってください。このブログは私のテリトリーです。お読みになってご気分を害するのであればお越しいただかなくて結構です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 言付け インタビュー >>