「ほっ」と。キャンペーン

言付け

2日前、高校2年生のMimから電話がありました。

パイ郡の寄宿学校で間もなく中学3年生を履修し終わり、来年度からは同県の高校に進学したいと言っている男子学生Neungからの言付けだそうです。

「12月14日からランパーン県に学校代表として歌のコンテストに出るのだけど、お金がないので、毎月送ってもらっている支援金を早目に送ってもらえないか?」と言う依頼です。

「なんで私に直接言ってこないの?」と聞くと、彼の電話が壊れて、友だちの電話でFB(フェースブック)を使って連絡してきたとか。私のFBはアカウントはあっても、殆ど休眠状態です。

山間部の寄宿学校住まいのNeungには毎月今頃、郵送でお小遣い程度の額を送っているのですが、電波もまれにしか届かない地域です。それが郵送となるといつも4日以上かかっています。特に今週は土曜日の憲法記念日の振り替え休日が月曜日になり、こちらも早くても火曜日(13日)にしか送れません。

「何かあったら言っておいで」と常日頃言っているので、何とかしてやりたいのだけど、あまりにも急だし、話があやふやで。。とりあえず銀行振り込みなら何とか間にあうのではとMimには言いました。

するとついさきほどMimから彼の口座番号の連絡がありました。FBで連絡取れたと言います。口座名は彼ではなかったので聞くと、先生とのことです。

どうしようかなー。 多くて1,000バーツ(3,000円)だし、『ガンバッテおいで!』と黙っていつも通りの額を振り込んであげた方がいいのかなー。 それとも使っていなかったFB。苦手なタイ語入力で根ほり・葉ほり?

[PR]
by karihaha | 2016-12-10 23:46 | ブログ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< ソムオー インタビュー。返信 >>