ラブ(?)コール

昨日は2か月ぶりに当地の財団の主催するS生徒寮の活動に参加してきました。

この生徒寮には前述の財団を通してその存在を知り、去年から今年にかけての1年間は出来るだけの支援をしてきたのですが、思うところありこの半年間ぐらいは『部外者』として気が向いたらの支援に終始しています。


とは言え、子どもたちそして生徒寮の責任者ご夫婦とは顔見知りの間柄。 昨日は奥さんとじっくり話をする機会がありました。

そしてひょんなことから何故支援の『熱』が冷めてしまったのかを、初めて忌憚なく話せたと思います。


あくまで部外者ですから、出しゃばったことは言えませんが、1年間支援した者の意見としてちょっとでもアドバイスになれば、参考にしてくれれば、そして何よりもその結果子どもを預かる責任を安定的に全うして欲しいと思ってのことです。



このブログでは何度も書いていますが、私はある児童養護施設を持つ財団で責任者として働いたことがあります。

その施設を退職して、もうまる7年になろうとしています。 その後はその施設の卒業生と言えば言葉は良いのですが、いわゆる問題児として出された子どもたちを『救済』するのも私の現在の活動の一端です。

働いていた財団は前述の生徒寮とは違い、個人資産を運用しての活動で、恥ずかしながら(?)マネージャーとしてその種の責任者が宿命的に背負うことになる『寄付集め』という大役を全くしたことがありませんでした。とは言ってもそのビッグボスとの対応での苦労はあったのですが。。

そして今の活動を出来ているのは、財団を退職するのに時を同じくして出会った日本人篤志家のおかげです。つまり私はこの種の活動で終始資金集めに苦労をしたことがないのです。


ですから『そんな奴が偉そうなことを言うな』と言われるかも、だからそれを踏まえての生徒寮の責任者へのアドバイスであるように配慮しつつも、ちょっときつかったかな?


そんなことを思いめぐらしていた今日、前職の財団にいまも居るOからFBでメッセージ。彼女は生まれながらの脳性マヒながら、頭脳健常者並み、あるいはそれ以上。でも四肢は全く自由が利きません。

財団と現マネージャーに配慮していまも財団の庇護下にいる子どもたちとは出来るだけコンタクトを取らないようにしているのですが、Oだけは別です。 彼女からのアクションがあればの話ですが。 

それが大体月1回ペースで、私ももちろん心待ちにしています。きょうもクリスマスプレゼントは何がいいの?とかのたわいのない話です。

Oに限らず、財団の卒業生ともこんな関係が続いている一つの理由は、資金繰りに苦労をしなかった(エエカッコできる)マネージャーだったからかもしれないなー、なんて昨日のことを振り返りながら、いまは亡きビッグポスと日本人篤志家Tさんに感謝しきりです。














[PR]
by karihaha | 2017-12-12 11:31 | ブログ | Comments(1)
Commented by karihaha at 2017-12-15 13:41
Kさん
こちらこそご無沙汰しています。 さて、VホームのY所長は、3年ぐらい前に同じ敷地にあるボーイズホームに転勤になられました。 私もVホームとはとんとご無沙汰していますので、Yさんがいまもそこで所長をされているのかどうかは不明です。またもう一つの質問の件ですが、できれば個人的にお答えしたいので、メールアドレスあるいはLINE/FBアカウントをこのコメント欄に入れていただければ(勿論非公開にします)、連絡させてもらいます。よろしくお願いします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



秋休み直前 >>