<   2007年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

バンコック女性刑務所

うちで一番のちびっ子は「ファーイ」というニックネームの3歳児。

来月19日で4才になる彼女の母親と初めての面会を果たすべく、バンコックにある女性刑務所へ。


麻薬錠剤9万9800錠所持の罪で去年8月23日に逮捕された。そのときファーイは母親、そして母親の恋人との3人暮らしだった。

母親が逮捕後に留置・拘束されたのは、チェンマイではなく首都バンコックの刑務所。かなりの重罪と判断されたためのようだ。


ファーイはたったの8ヶ月間離れていただけなのに、母親という認識ができなかったようだった。

同行した社会福祉士にまとわり、母の呼びかけに耳をかさない。

囚われの身の母親は、胸に止めていた『囚人証』の裏にはさんでいた二人で写した写真を見せる。

ファーイはそれをしばらく指でなぞっていた。それから母親の顔と写真を見比べていた。

何も言わない彼女。でも母親の「おいで」の声に今度は素直に従った。


特別に持ち込みを許可された、持参した彼女の最近の写真を見てもらった。

施設でのイベントの数々、普段の彼女の可愛いショット。


「いかがですか? ファーイが私たちの施設にいることに異論はありませんか?」

「もちろんないです。でも彼女はいつまでそちらに居られるんですか?」

「施設には一応18才まで居ることができます。でも大学に入るような学力があれば、22才まで支援します」


「外国人との養子縁組という可能性はありますか?」


ファーイは隣人の通報がきっかけで、わたしの働く施設で引き受けた。

同居していた母親の恋人は消え、母と離婚した実の父もファーイを施設に預けたきり音信不通。


9万9800錠所持は、良くて終身刑、最悪の場合は死刑と聞く。

まだ判決を待っているファーイの母親に会いたかったのは、そんな状況にさらされている母親に、「養子縁組を考えてみませんか?」というわたしの考えを探りにいくためだった。でもその言葉の意味の持つ残酷さに、口に出来なかったのに。。。


エイズホスピスでボランティアをしたことがある。

抗HIV薬など高嶺の花だったほんの数年前のあのとき、毎日のように亡くなっていく患者さんの最期を看取りながら、どれほど自分の無力を感じたことか。


貧しさゆえに甘い言葉につられ密売の片棒をかついだ28才のファーイの母の姿は、あのエイズホスピスで自虐的に自分の人生を語りながら死んでいった人々の姿に重なる。
[PR]
by karihaha | 2007-04-27 23:13 | ブログ | Comments(5)

一年の計

今日から始まったソンクラン、タイ正月。 4月13日から15日がいわゆる『3が日』。

わたしの働く施設でもなんとか子ども全員を‘追い出す’のに成功。

帰る場所がある子たち、つまり親戚や片親がいる子にはお引取りいただき、身寄りのない子たちはスタッフに押し付けた、というわけで今日から3日間は心おきなく自由を謳歌できる。

間違ってもあの水掛けには参加しないけど、「本も読めるし、服の整理をしたり、この一年のこしかたを振り返り、これからの行く末をちょっと立ち止まって考えてみることもできそう」とシミジミ。。。

しようかと思っていたら!


あさ電話で起こされた。

テレビや湯沸し器の入っている部屋もロックされてしまっていて、警備を頼んでいるガードがその部屋をあけて欲しいと言っているとのこと。生憎わたしがその鍵を預かってしまっている。。。

「テレビなんか見るな! ラーメンなんかふやかすな!」

と言いたい、心から。

でも心とは裏腹に、

「あとで開けに行くから」

超不機嫌な声で。


まあ一人で3日の長丁場を乗り切るんだから、テレビで気を紛らわせたいというのも分からないではない、と無理やり心をおさめる。


『一年の計は元旦にあり』

宝くじが当たったら、とっとと仕事を辞める。もし生まれ変わっても絶対に児童養護施設の責任者にはならない。
[PR]
by karihaha | 2007-04-13 13:01 | ブログ | Comments(0)

こんな話?? その2

わたしの‘右腕’ナームはチェンライ県出身。

タイでは10指に入る名門国立大学の社会福祉学科を卒業した。

彼女との出会いは運命としか言えないような気がする。彼女なくしては‘わたし’の35人のこどもたちとのいまの関係はありえないと心底思う。


その彼女が小学生時代を過ごした学校の校長先生ご夫妻が、こどもたちが生憎夏休みの課外活動で出払ってしまっていた今日訪ねてきてくださった。マンゴーの化粧箱づめを手土産に。

そのご夫妻が働く幼・小・中・高校併設の学校は、北タイで8高ある政府が支援する山岳民族を主要な対象にする寄宿校。現在の生徒数は2,000人あまりとのことだった。


タイの山岳民族の現状をこの場で説くつもりはない。

そのご夫妻が30年間現場で見聞してきた経験から発する言葉、それはわたしの短い'山岳民族’の人たちとの出会いで考えたこと、経験したことを凌駕する重みがあった。


『女の子たちは大体10才ぐらいから生理をむかえるんですよね。学校では授業料・寄宿費用を無料にしても、子どもたちには当然いろいろな必要経費があります』。

『一部の女の子たちは、新聞紙を束ねて生理帯がわりにしているんです』


‘わたし’のこどもたちはまだ幼い。でも女の子たちも男の子たちもいずれはそんな時期を迎える。

『新聞紙を束ねて。。』

350人あまりの女の子たちのそんな現状。

'支援’の多様性にまたも悩まされたきょう。
[PR]
by karihaha | 2007-04-09 23:57 | ブログ | Comments(0)

こんな話??

自称『B級グルメ』のわたし。

そんなわたしが、はるばる日本から、何度か目のチェンマイでの再会を果たすべく訪ねてきてくれた友人と、『うまくて安い』オープンエアレストラン、つまり屋台で食事をしていたときのことでした。


今日わたしたちが選んだメニューは、パップン(タイ野菜)のにんにくいため、厚揚げと大根・菜っ葉スープ、シーフード焼き飯、そしてメインはなんといっても、この店でぴか一の魚からあげ甘酢じたて。

ビアチャン(タイの大衆ビール)を飲み、「また来てな」「絶対くるー」などと言いあい。。。

その間に刻々と迫る彼女の帰国便の時間。



「その魚の骨、いらなかったらくれますか?」

そのときわたしたちが席を占めていた道路わきのテーブルに、杖をもった、すなわち
盲人風の、中老かそれよりちょい上といった風情の男性の姿が。

わたしたちのテーブルには骨格しか残していない、原型をとどめているのは甘酢につかった頭だけという、その物体をさして、

「それ、もらえますか」ともう一度。

「あ、いいですよもちろん。すみませーん、これを包んであげてください」

(でもこれだけやったらおなかがもたんやろ)

「ごはん1人前、いや2人前一緒にいれてあげてください」


魚の残骸甘酢づけの入った袋を手にぶら下げて店を出て行こうとするおっちゃん。

「おっちゃん、おっちゃん。ご飯も持っていき」

そんな声に振り向きもせず、心もとない足取りでそのまま去っていく。


「聞こえてへんの?」

使命感に燃えたのか(?)、炊きたてのご飯の入った袋をさげておっちゃんを追う店員。

すると!!

そのおっちゃんは受け取った炊きたてのごはんの入った袋を路上におき立ち去ろうとした!!


『おいおい』

礼儀しらず(?)のおっさんのとった次の行動は!?

盲人用の杖を振りあげ、タクシーを呼び止めた。

(わたし、いまでもためらうんです、タクシーを乗り回すの。。。)

そしてあっけにとられている私たちに杖をふりながら去っていった。


ドッキリカメラか? おちょくられているのか?? 魚の骨愛好家か??? それとも、やっぱりおっちゃんこの暑さで「きた???」

「わからん!」


その夜のお勘定。

前述の食べ物プラスビアチャン2本で293バーツ(1,000円)でした。。。
[PR]
by karihaha | 2007-04-07 12:16 | ブログ | Comments(0)