「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

いつか来た道

ブログ再公開を決めた途端、必然のように色々な出来事が。 いわば‘古傷’が痛むような。。。

テンモーはいまのわたしにとっては、52人の一人。でも一番わたしの『肉』に近いこどもの一人。彼女は3才8ヶ月。奇跡的にこの2年2ヶ月は入院もせずにおばのもとで暮らすことができていた。彼女が元気だったその期間は丁度わたしが現職を得て、なんとか生きていけるようになってからの期間に相当する。


テンモーの今回の入院に触発されたかのように、心配し続けていたおばと旦那の家庭不和がまたもや表面化している。いままでは努力して見て見ぬ振りをしてきたことが一杯ある。何とか穏便にと思いながら。


おばが離婚した場合いまのおばの経済的状況ではテンモーはおろか、自分の2人の息子さえ養いきれないのは目に見えている。

わたしができること、『何とか穏便に』。それがかなわない場合は?


答がでない。
[PR]
by karihaha | 2008-07-28 22:33 | ブログ | Comments(0)

人数、増えたー

昨夜、チェンマイで創業者かつ責任者として頑張っている日本企業のチェンマイの責任者(女性)と食事する機会がありました。

やっていることは違えと言えども、殆ど同じ人数のタイ人スタッフをかかえながら仕事をこなしていくしんどさ。それだけではなく双方とも『企画!命!!』のようなボスのニーズへの対応。


いいのよ、いいのよ。


この仕事をするまではマネージャーってこんなに醍醐味のある仕事とは思っていなかったのも確かだから。

まあそんなこんなで早や51人の子どもや12人の少女たちのkarihahaなのだから。。。


あ!もとい。

テンモーを入れると52人の子ども+12人の少女のかーちゃんでした。
[PR]
by karihaha | 2008-07-26 22:34 | ブログ | Comments(1)

再公開

このブログを閉めたのが2007年7月、そして長井さん殺害の報にいたたまれずその年の9月に想いを書いてからでも早や10ヶ月。

先日ある方に、「閲覧不能にすべきではない」と言われました。その言葉をきっかけに、このブログを書いていた当時のことを思い出しました。

一生懸命でした。それがきっかけとなり、経験を生かせるいまの仕事に就くことができました。でも順風満帆には程遠い。悩みや問題をかきわけ、かきわけ、なんとかいまにいたっています。


このブログがわたしの‘いま’の指針になるかもしれない。

過去記事を少しづつよみかえすため、またもしどなたかのご参考になるのであれば、と再公開させていただきます。
[PR]
by karihaha | 2008-07-24 20:54 | ブログ