「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

分からん! (1)

タイでの生活も6年も過ぎると、少々のことでは驚かなくなりました。良きにつけ悪しきにつけこちらでの生活に慣れ親しんでいるということだと思います。語弊を招くのを承知の上で言えば『タイ人化』しているということかもしれません。

現実に、日本のニュースなどを見ると「ワー大変だ! これはもう帰れないなー」と思わせられるような事象が多々あります。いまはまだ健康に暮らしているからそんな呑気なことを思うのかもしれませんが、言葉のハンディ、所得の少なさや一部の生活条件を除いてはいまのところこちらの方が居心地がいいと感じています。


でも、時にはこちらでも『分からん!』と首を傾げたくなるようなことがあります。大抵はカルチャーギャップとして見過ごすのですが、この数日続けてどうしても納得できないことがありました。

『雨とパラセタモール事件』
パラセタモールはアスピリンと同じく鎮痛・解熱剤です。非常に安価な薬品(10錠包で10バーツ(30円)で薬局でなくてもコンビニや商店で気軽に手に入ります。タイ人にとっては常備薬で、何かといっては服用しているみたいです。

ことの発端は一昨日の小雨の降る夕刻、宿題の終わった子どもたちを外につれだしたことにあります。週日のその日は学校から帰ったあとも宿題や特別授業で屋内にずっといた子どもたちのストレスを発散させようと思ったわけです。

子どもたちは大喜びでしたが、屋内に入るなりその夜の担当の先生が子どもたちに何やら白い錠剤を配りはじめました。パラセタモールです。急いで止めさせ理由を聞いてみると、雨にぬれたから風邪や熱の予防のためだというのです。

愕然としました。すぐに他のスタッフにも聞いてみると、「自分の母親も小さい頃にそうしてくれた」というのが大多数でした。ソーシャルワーカーなどは、「エ! 大人用のをあげたの? 子どもには水薬を用意しているのに!!」という馬鹿な答えが返ってきました。子どもだから水薬ならいいと思っているわけです。同じパラセタモールなのに、、、

当然ながら鎮痛解熱剤は予防薬にはなりません。安価ゆえに出回ったこの薬がとんでもない間違った使われ方をしているわけです。


何故だかタイ人は雨に濡れるのを忌み嫌います。特に頭頂部がダメみたいで、身体ではなく、頭にだけビニール袋をかぶって歩いているのは雨の日の風物詩とも言えるでしょう。

聞くところによると、『頭頂部は神様が宿っているか、宿る場所(?)』だからだそうです。

大学出のスタッフに聞くと、雨には色んなばい菌が混ざっているからと尤もらしい答えを返すのですが、見る限りでは私たちが二の足をふむような川やお堀で泳ぐのは平気らしいです。

雨の日に身体ではなく頭頂部だけを守るというのは、まあ微笑ましい民間信仰として捉えられるかもしれませんが、その上に何の因果関係もない化学薬品を飲ませるというのは、いくらなんでも見過ごしにはできません。


タイ人が国民皆保険という制度で健康保険を手に入れたのは、およそ10年前のタクシン政権の時代からです。それまでは社会保険等を持っていない人が病気になった場合は、実費で診察を受けるか民間療法に頼るしかなかったのです。 パラセタモール万能薬信仰などはその中で生まれた最たる『ひずみ』なのかもしれません。
[PR]
by karihaha | 2009-05-30 12:29 | ブログ | Comments(0)

ピカピカの1年生

2ヶ月間という長い夏休みが終わり、5月の中旬からやっと新学期が始まりました。

そして今年は財団で併設する幼稚園を卒業した児童が7人、ピカピカの一年生になりました。

受け入れた時期も事情も違う、大半が山岳民族の子どもたちを一先ずタイ語や習慣・文化に慣れさせるために幼稚園に入れる。そうしたあとで再び『外の世界』に送り込むわけです。

こうするようになったのはいまの『家』を立ち上げた当初の苦い経験があるからです。その時は受け入れた時点ですでに学齢期に達していた子どもたちを数人近所の小学校に入れました。するとすぐに先生からクレームが出ました。

「言葉はチンプンカンプンだし、なにも出来ない!」というわけです。

学校はそういうことを教えるところだと単純に考えていた私は、そのとき初めてそんなに簡単なことではないかもと気がつきました。基礎学力がないとやっていけない世界なんだと。

そのときの1年生たちは一学期を終わっただけで『返品』され、併設の幼稚園で学ぶことになりました。来年再チャレンジしてくださいというわけです。それからはその失敗を踏まえて受け入れた時点で学齢期に達していても、入学を遅らせてでも幼稚園で学ばせるようにしています。

入学年齢に関しては、こちらはかなり柔軟というか、いい加減というか制服がいかにも窮屈そうという小学生はざらにいます、その上1年生からでも落第というのがあるので、1年や2年の遅れは当初考えたように深刻なことではないのだとあとで気がつきました。


今年の1年生たち7人のうち3人は1年遅れ、3人が通常の年齢そしてもう1人は一年早い入学になります。最後の子は、幼稚園は全部履修したから一度試してみる?という感じで入れてみました。

子どもたちを送り迎えしている運転手さんによると、毎朝車から降りると上級生の先導のもと、17人の子どもたちが一列になって教室のあるビルに向かうそうです。

「可愛いよー」と言っていましたが、孵化したひよこちゃんのよう。想像するだけでニヤニヤしてしまいます。


「みんながんばるんだよー」。
[PR]
by karihaha | 2009-05-25 05:28 | ブログ | Comments(0)

郷に入れば郷に従え?

最近タイのマスコミを賑わせているトピックの一つに、日本人とタイ人のハーフの9才の少年が生き別れになっている父親を捜したいと、近所のお寺で写真を持って日本人に訴えかけているのがマスコミの目にとまり、県知事自らの陣頭指揮のもと、とうとう日本にいるその父親を捜しだしたというのがあります。


わたしがこのニュースを知ったのが数日前でそれ以降も注目していたのですが、きょう見た読売新聞のインターネット版にもこの件が扱われていました。

黙っていようと思ったのですが、同じような環境にいるタイ人の子どもたちを世話している立場として、やはりこのような極端な報道の仕方は公平を欠くと思い、あえて書きます。


低所得層(に限らないかもしれませんが)のタイ人が自分の子どもを祖父母や親戚に預けて遠方、特に大都市に働きに行くのは普通のことです。預けたままで、その後仕送りが途絶えるというのも日常茶飯事に聞きます。

ひいては父親あるいは母親が突然音信不通になり、生死がわからないから残された子どもを預かってくれという依頼がうちで扱うケースでは圧倒的に多いです。

財団の子どもではありませんが、テンモーなどもその一人です。彼女の父母とも現在消息不明でおばが面倒をみています。


最初はそれぞれのケースに丁寧に対応していたのですが、最近では「もうきりがない」と思い出しています。

押し寄せるそのような状況に置かれた子どもたちに対処するには、心を鬼にして断らざるを得ない状況が続きました。そして設立3周年を迎える前に決心したことがあります。

『預かる子どもはそれが絶対必要不可欠な場合に限る』

選考基準は、1)父母とも死亡した完全な孤児 2)父母とも服役中 3)片親(母親)でその親が闘病中である。 そしてどの場合も親戚に遺棄されているか、扶養能力がないと認められた場合だけに限る。

該当する場合も、わたしにその資格があるのか、と思い悩みながらも苦渋の決断で断らざるを得ないケースが多々あります。だから『貧しい。 父親あるいは母親が逃げた』と聞いても、「ああ、またか。。。」という思いが先にきます。 それほどに職業病に蝕まれているのかもしれませんが。


この少年、S君の場合は日本人が父親だということでマスコミが飛びついたのでしょう。知事も『タイ人はともかくも、日本人(外国人)がそんなことをするなんて!!」ということだったのでしょうか?


少年の父親の写真を見る限りでは、失礼ながらそこらのあんちゃんという印象しかもてません。捜しだした父親は会うのを躊躇っており、そのことで少年は傷ついていると報道されています。

そんな結果は同じような立場のタイ人の子どもを数多く見てきたわたしには自明の理でした。だからよけいに、もっとデリカシーのあるやり方があった筈なのに、と思われてなりません。
[PR]
by karihaha | 2009-05-18 00:14 | ブログ | Comments(0)

タイの刑務所

こちらタイでも5月の初旬は日本の大型連休並みの休日が続いています。この週末も金曜日から日曜日までの3連休。その上月曜日は公務員のためだけの休日みたいです、その詳細は不勉強ながら不明。

その影響もあって日曜日から予定していた出張を延期しました。家にいる時間はもっぱら気になっていた件の資料集めです。気になっていたこと、それは『タイの刑務所』です。


今回の出張は、チェンマイから遠く離れた村に住む少女達を引き取るかどうかの判断のためですが、その子たちの両親が麻薬がらみの刑で服役中です。そのうち母親は未決のため、これからどのぐらいの刑になるのかも重要な判断の基準の一つになります。そのために母親が服役している刑務所での面会も予定しているのですが、情報によると捕らえられた際に1400錠の覚醒剤保持をしていたらしい、となると常用ではなく密売あるいは運び屋として雇われたのが、密告でつかまったという公算が大です。その仮定のもとでの服役期間は?


それを調べたくて、インターネットでサイトをうろうろしている内に、日本人が麻薬がらみでタイの刑務所で服役中という事実をしりました。

日本人女性のNさんは9年前に1300錠の覚醒剤を持ち出そうとして、25年の刑に服しているそうです。そうなると、今度引き受けるかもしれない少女たちの母親はもっと長い刑期を覚悟しなければならないのかもしれません。


わたしの働く財団は、チェンマイの女性刑務所と密接な協力関係にあります。受刑者たちの子どもを5人預かっている他、受刑者のためのプロジェクト助成金や、友人Tさんとのタイアップのもとその子女のための奨学金付与をしています。そう言った意味もあり、刑務所内への立ち入りは比較的自由を許されています。

先日もプロジェクトの一環で訪問したさい、手工芸関連の職業訓練をしている棟に入ったところ、白人女性に声を掛けられました。1,400人の受刑者がいる中でも白人は彼女一人とのことで、『どんな事情が。。。』と気にはなっても、具体的な話もせずにその場を去りました。

きょう、サイトの中でその彼女の罪状を知りました。『夫殺し』です。

色々なことが書いてありましたが、簡単に言うと別れ話のもつれのようです。彼女はその話し合いの席で銃を持ち出し殺してしまったということです。

「あんなに穏やかそうな人が。。。」という驚きもさることながら、もっとビックリしたのは彼女の刑期が3年半ということです。人殺しで3年半。

覚醒剤の運び屋は終身刑、死刑もあります。今月6才になるうちの子どもの一人の母親は25年です。20万錠の運び屋ですから、死刑も覚悟していたのですが、幸いなことにそれは免れました。今回引き取るかも知れない子どもたちの場合も無知・極貧ゆえの、母親の愚かな行動だったような気がしてなりません。

それでも罪は罪、私のような外国人がとやかく言える立場ではない、だからこそ預かった限りは子どもが安心して暮らせるよう、母親が心安らかに更正に励めるようにしてあげたい、そう思ってやみません。
[PR]
by karihaha | 2009-05-10 02:08 | ブログ | Comments(3)