「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

怒り、脱力

うちの子どもたち24人のうち19人が地元の公立小学校に通っています。

その子たちのうち小学校3年生5人に問題が起きました。算数担当の先生に出された宿題の足し算10問のうち、うちの子たち全員が4-5問が間違っている、その件でクラス全員の前でSホームの子たちは全然出来ないと言われたそうです。


自慢じゃないですが(本音は自慢です)、うちの子たちはたかだか1~2年のタイ語歴にも関わらず常にクラスのトップにランクされています。山岳民族かつ一度たりともタイ語を話したことがない子を、うちの幼稚園で集中教育しているためです。小学校に上がった子には夕方と週末の特別授業があります。


彼らが間違っていると言われた設問は;

300-130 (170)
100-45  (55)
83+27   (110)
110+38  (148)

等です。

( )の答えであってますよね? それがことごとく ‘ペケ’ でした。 その上に「Sホームの子ども達は、、」の発言です。


子どものうち機転のきく子が、横の生徒が書いている答えを写して出してみたそうです。

300-130 = 150

彼の答案用紙のその項には ‘〇’ がついていました。


子ども達のためにも『馬鹿らしい』で済まされる話ではありません。すぐにスタッフに学校に行ってもらいました。 深くは考えないようにしよう、でも彼らが山岳民族であるゆえん、と余計(?)な詮索をしてしまいます。


今日学校から帰ってきた子ども達に「どうだった?」と聞くと;

「先生が謝ってくれたよ。 忙しかったから見過ごしたんだって」と無邪気な返事でした。

正直、その言葉を額面どおりにうけとるのには抵抗があります。


先進国に追いつけ追い越せとばかりに教育熱心なタイですが、まずやるべきは教育者の指導と刷新ではないかと思わされた‘事件’です。
[PR]
by karihaha | 2009-06-24 22:26 | ブログ | Comments(0)

分からん! (2)

私の働く財団はチェンマイの女性刑務所との協力関係にあるというのは前にも書きました。

まあ、ぶっちゃけて言えばこちらは一方的なドナー(寄付者)で先方は一方的な受益者という関係です。取り組んでいるプロジェクトは数々ありますが、その一つに服役者の子女の教育支援があります。


受刑中の母親の殆んどが子どもを親戚(祖父母が主)に預けています。カップルであれば父親が面倒をみれているのが一番いいのですが、やはり長期間の受刑となると(でなくても)そういう関係は数年ではかなくも崩壊するのが大多数のようです。結果として父親が養育放棄というケースが多々あります。 

いずれにしろ残された子どもの教育問題は受刑者の心を占める大きな心配の一つで、その部分を何とか軽減させてあげようとTさんと立ち上げたプロジェクトです。

母親たちが申請したうち、毎年20人の学生を選び一回目の奨学金を届けます。その後担任教師との面談や家庭訪問をし、支援継続する学生を選抜します。この継続の部分は財団が支援しています。


さて、長い前置きになりましたがきょう書きたかったのは今年分の奨学金授与のために先週の末、郊外の学校を訪れたときのことです。 奨学金自体は本人に渡すのではなく、学校に預けて純粋に学業のためだけに使ってもらおうということ、そして本人の学業成績・生活態度を聞くためです。

着いたのは11時過ぎ、丁度学生達のお昼休みの時間帯だったはずなのですが、大勢の学生が校庭で整列していました。

奨学金授与の連絡は刑務所の方でするので、私達は指定の時間に着いたはずです。ということは?といやな予感がしましたが、やはりそれが当たっていました。


学校側の計らい(?)で全校生徒が集められ、彼らの前で授与式をしようというわけです。その日はたまたま同行していた刑務官と私を前に、校長が感謝のスピーチをしそのあとで授与される学生が前に呼ばれました。

彼が無理に作った笑顔と、その後の学校での面談での口数の少なさからも彼の心中をおもんばかることができました。


プライバシーに対する配慮に欠けるマスコミ報道にはもう見て見ぬ振りをせざるを得ないという心境でしたが、一部の教育現場でのこのようなやり方がまかり通っているのもタイの現実です。

でもこんなことを声高に言っても大多数のタイ人からは「それで?」という反応しか返ってこないだろうな、、、
[PR]
by karihaha | 2009-06-03 12:49 | ブログ | Comments(0)