<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

世界に一つだけの花

小学生の子どもたちが長い秋休みに入っている10月は、毎日60人以上の子どもたちが一日中ウロチョロしています。

これは世間は休みに入っているにも関わらず、併設している無料幼稚園のデイケアで預かっている子どもたちの保護者の殆んどが日雇いの収入に頼っているのを支援するための、年中無休施設のためなのです。


ということは普段は学校に行っている子たちのケアという意味ではまず教師不足になります。そこで不肖わたしが先生にボランティアしています。


今回の休み中に小学生になった子どもたちに知って欲しいこと;

太陽系
地球
歴史

これが3大テーマです。

むずかしい家庭環境に生れた子どもたちに、偶然と必然が重なりあった中で、人間という生物に生まれ落ちたことを、なんとラッキーなことであるかと言う事を知って欲しいと思います。


今日のクラスでアフリカの一部の国の現状を説明していました。

「あなたたちはお腹がすいた、でも食べるものがないということを経験したことがある?」

19人の小学生全員が「ある!」と声を揃えました。 

「まだ山にいたころ、食べるものが無かった」。「父親が酒ばかり飲んで、ご飯をくれなかった」。「お母さんがいくら働いてもお腹一杯にはならなかった」。「ゴミ箱から漁った」。


そういう状況だからこそ受け入れることにしたのですが、胸をつかれました。彼らにとってはいくら幼なかったとはいえ刻印された自分史なのだということにあらためて思い至らせられました。

いまはわたしの施設にひとまず落ち着いていますが、この快適な状態を勘違いをさせないよう、過去を無いものとしないよう、彼らが地球人の一人として与えられたこの貴重な命の価値を見出せすことができるよう指導していかなければとあらためて思わせられた『にわか先生』です。
[PR]
by karihaha | 2009-10-21 23:42 | ブログ | Comments(0)

とは言っても

財団の仕事で外出した今日、テンモーがお世話になっている障害者のための財団にご挨拶がてら訪問しました。

お陰さまでその財団から今月から給付金がおりるということもきっかけになり、テンモーの今と将来を少し離れた立場で見る必要を感じたのが先のブログで書いた経緯です。


担当者に支援打ち切りを説明し、くれぐれも宜しくお願いしますと言ったところ、「お気持ちは充分分かります」と言っていただけました。 涙が出そうになりました。

私はもちろん今後も傍観者になることはできません。でも少し離れてみたい、その許された時間と距離の中でテンモーにとって最善の選択を模索出来れば、、、と思っています。
[PR]
by karihaha | 2009-10-20 22:50 | ブログ | Comments(0)

テンモー

水頭症で命の境をさまよっていたころに知り合ったテンモーも来月で5歳になります。

今日に至るまでのおよそ5年間は私の友人・知人の方たちのご支援のお陰で、紆余曲折はありながらも何とか生き延びることが出来た日々でした。


しかし彼女にとっての将来の道のりは今までにまして障害の多い険しいものになるでしょう。重度障害者が生き延びるのにはここタイはあまりにも厳しい環境にあります。彼女のような子どもの入る施設は国立ではただ一箇所あるだけで、そこでの手をかけた保育などは望むべくもありません。

そうかと言って家で面倒をみればいいのかと言えば、成長したらするだけ起こる問題もあります。 


そんな中、先年から障害者の教育や支援を担当している政府系の財団が協力してくださるようになりました。そしてこの10月からはその財団から少しまとまった支援金が出るようになりました。この財団は役所との連携も密で、私のような非力な立場とは違った支援をしていただけるかと期待しています。

それもきっかけになり、一旦テンモーの個人的支援を中止しようと決心しました。私が支援を続けることによってテンモーのおばが依存し、現実を見る目を曇らせていることに気がついたのです。


それと同時に『二束のわらじ』を履いていた現在の生活を見直そうと決めました。テンモーを始めとして、財団がらみ以外の支援にも手を染めていたのですが、二兎追うものは一兎も得ずという事態に陥りかけています。

「まずはしっかりと今の責任ある立場での山積みの仕事に取り組もう」、テンモーとの『別れ』はやっとそういう決心をするきっかけを与えてくれました。


このような決心をしてみると改めて、今までテンモーを支援してくださった皆さまの温かいお志を想います。心からお礼を申し上げます。 本当にありがとうございました。
[PR]
by karihaha | 2009-10-07 23:59 | ブログ | Comments(0)

ここチェンマイは日本人の方たちが比較的多く住んでいらっしゃいます。

残念ながら普段はあまり横のつながりがないのですが、ブログを立ち上げている方たちも多く、ちょくちょく訪問させていただいています。


つい10日ほど前その中のお一人の書き込みで、多くのモン族が居住するD村出身者の交通事故死のことが書かれていました。

飲酒運転の父親が運転していたトラックがピン川にダイブし、同乗していた‘大学生’の娘さんともどもお亡くなりになったとのことでした。

D村は私も縁が浅からぬ場所であることと同時に、支援している高校生の中に父娘という組み合わせが気になる家族がいます。でもブログの中には今回亡くなられた親子は娘さんが大学生であるということと、その親子をよく知っている知人からの連絡がないまま、きっと別人だろうとその件は失念していました。


すると昨日突然スタッフの一人が青い顔をして、預かっているNとMのおじといとこが亡くなったらしいと報告に来ました。話を聞くとまさしく気にしていたあの事故の犠牲者だったようです。 亡くなられた娘さんは大学生ではなく高校2年生だったと。

NとMは今年の5月からうちの子どもになりました。第2夫人であった母親が服役中、その夫でありNとMの父親も同じく薬物の罪でバンコックで刑に服しています。 母親の姉であるおばがNとK2人の身元引受人となり引き取ったいきさつがあります。


おばの夫や娘がこのような不慮の事故で亡くなったと言う事実をNとM、2人には知らせていません。いつも彼らがお姉ちゃんと呼んでいる高校生の娘さんが居なくなったことを知らせる役目はどなたかがしてください。 わたしたちにはつらすぎますから。
[PR]
by karihaha | 2009-10-03 21:38 | ブログ | Comments(0)

ゴーマンですか?

去年のリーマン・ブラザースの倒産に端を発した経済不況はタイの観光産業を始めとする、モロモロの分野がいまも大きな影響を受けています。

今夕も用事があって、うちのスタッフの元の職場のホテルに立ち寄りました。「どう?」というスタッフの問いかけに、元同僚たちは「まあまあ」と答えています。 本当はあの広いホテルでたった一組の宿泊客だったそうです。

そんな人たちと笑顔でワイを交わたあと、「助けられている」としみじみ感る帰途でした。


日本のように極めて恵まれた生活環境にあると思える国から来た人間にとっては、この国で世界中の誰にとっても厳しい現在の状況を、このように深刻すぎず、何とかなるさの気持ちを持続しながら生き延びられているのは有難いことだと思っています。

タイ人のマイペンライ(問題ない)気質の底力を感じます。この国の人たちは何があってもドッコイ生きています。過去がそうであったように、いまも、そしてきっとこれからも。

何とか生きていくという自助努力、それは彼らがずっとそうすることで自分を生かし続けてきた方法です。先進国と呼ばれる場所で生まれ育った私たちが切り捨てることで得た『豊かさ』と、矛盾に満ち溢れたこの国の人たちの『豊かさ』は対極にあるのかもという気がします。

と言ってもそれは聞く人にとっては『ゴーマン発言』かも知れませんね、でも6年以上この国の底の底を見、そんな状況でも常に一縷の望みがつながっている、という楽観論に救われ続けたと痛感している私に免じてお許しいただきたいと思います。



さて、明日からはうちの小学生の子どもたちの長い長い秋休みが始まります。ついこの間夏休みが終わってホッとしたのもつかの間だったのに、、、

これから一ヶ月間の60人以上の子どもが目の前をウロチョロする、声を嗄らす、でも一日中一緒に居れてちょっとは嬉しい(???)日々がスタートです。
[PR]
by karihaha | 2009-10-01 23:44 | ブログ | Comments(0)