「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

勝手な思い

大震災に関連して『風評被害』が海外のみならず日本でも喧伝されています。

ごめんなさい、わたしは日本にはいません。放射能汚染された野菜がスーパーに流通しているかもという疑心暗鬼を経験してもいません。

でも。

それを毎日々一年間食べ続けても健康被害はないんですよね。その上そのような商品はあらかじめ出荷が差し控えられているんですよね。 日本にいたらとりあえずそれを信じて買うだろうなと思っています。大丈夫、タイの農薬汚染された野菜や水質基準があってないような水に鍛えられた身体ですから。


日本のならず世界中が被災者支援を頑張っているいま、一方で風評被害という現象を聞くと何だか寂しいなーと思ってしまうのです。
[PR]
by karihaha | 2011-04-07 22:35 | ブログ | Comments(0)

理不尽

友人へのメールの一部。


『大震災の件。日本人の誰もがおそらくこれからも長い間癒えないであろう傷を負いましたね。 『戦争』を経験したことがないわたしにとって今回の大震災は、戦争そのものであると思っています。 だから私の母やそれより少し若い方たちが人生には紆余曲折がつきものとは言え、その最終章になってもこのような過酷な経験をしなければならないことに理不尽さを感じます。



今回の大震災の被害者・被災者の多くの方たちが戦後の日本の復興と繁栄に貢献した方たちということを思うと、例えばその年代の被災者のニュースを直視できないぐらいの痛みを感じています』。
[PR]
by karihaha | 2011-04-04 23:39 | ブログ | Comments(0)

高校野球決勝戦後の閉幕式を見ました。 そこで唱和された『君が代』と同時に映された日章旗はいつもの国歌と日の丸の旗ではありませんでした。 日本全国の大多数の皆さまが同じ想いを抱かれたとおもいます。

今年も桜が咲きはじめましたね。 いまさらながらこの花がどれほど日本人であるわたしにとって大きな存在であったかと思いしらされます。

日の丸の旗と桜。

どちらも私の生きてきた日々のきまぐれ、怒り、喜びを凛として受けとめてくれてきたのだと気づかされています。

今年の桜も例年通りに美しく咲いている映像を見ました。自然の脅威を経験したばかりですが、その同じ自然がいつもの時期に癒しを与えてくれているんですよね。
[PR]
by karihaha | 2011-04-03 22:43 | ブログ | Comments(0)

風評被害

今回の発電所の『事故』に関して日本の報道機関がわたし達にその現実をありのままに伝えているのか??? ということを前提にしても、諸外国のメディアのこの件に関する反応は日本人としては納得がいかない部分もあります。 

コンサバ路線として有名なフランスのある著名紙に寄せられた読者の意見では『日本の官僚がフクシマの避難地域を20~30kmにのみ制限しているのは犯罪行為だ』というのもありました。 反面、風評被害を受けている東北の人たちを始め、日本全域の経済活動を応援しようというブログのポスティングを多々目にします。 


ここチェンマイでの生活はある意味で身体をはった暮らしだと思います。食生活も例外ではありません。どういう基準のもとに国民が守られているのか、農薬の公的基準は? わたしは自分なりに考えて多少高くても有機栽培と称する(?)野菜を買ったりしていますが、低所得層の大多数の人々はそんなことを考える余裕もなく、とりあえずお腹が一杯になる出来るだけ安いものを求めています。

そういった意味では日本で政府や識者が今回連日、口をすっぱくしながら言っている言葉を信じる以前に、従来の日本の食は安全管理がなされていると思っています。


下記は私が最近目にした別の支援の仕方です。

里山ガーデンファーム 福島県産野菜の通販をしていらっしゃいます。
[PR]
by karihaha | 2011-04-01 23:07 | ブログ | Comments(0)