<   2015年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Yvesの新プロジェクト

ベルギー人医師Yvesは、もう10年以上も前にタイ中部のロップブリー県にいまもある、エイズホスピスで一緒にボランティアをしていた『同士』です。

彼も私もその後チェンマイ県に移り住んで10年以上になりますが、彼にはいまも、忘れたころに連絡しあっても、一瞬でその時間的隔たりを飛び越えらてしまえる不思議な『絆』を感じています。

そのYvesが新しいプロジェクトを始めるというのは数ヶ月前に聞いていました。そしてできれば私にもボランティアとして手伝って欲しいという話があったのですが、不注意から痛めてしまった腕が、6ヶ月にもなろうといういまも本調子ではなく、訪問を伸ばし伸ばしにしていましたが、いよいよプロジェクト用の建物も完成間近ということで見に行くことにしました。


行ってみて驚いたのはYvesのその建物へのこだわりです。 彼自身が設計したこの白亜の施設に入ると、一瞬ローマ帝国時代の民家にまぎれこんだような感覚におそわれます。

ここでは身寄りのない寝たきりの障がい者を最高で9人まで受け入れるとのことですが、細部に亘って彼のこだわりが溢れています。まず部屋は一人部屋を基本に、ベッドや車椅子が出入りしやすいよう充分なスペースをとっています。患者さんは出来るだけ中庭に面した廊下で過ごすことが出来るような空間が配慮されています。その空間のいたるところに、彼の手による彫刻が飾られています。
c0071527_139122.jpg
c0071527_1395142.jpg
c0071527_1402659.jpg


また指が動かなくても目の動きだけで操作できるようなコンピューター手法で無聊をなぐさめることに役立てたいと教え始めました。


これらのことは彼はすべて個人資産でまかなっています。患者さんには無償です。先年亡くなられたお父さんの遺産をつぎこんでいるのです。Yves自身は一度は母国の修道院に入ろうかと計画していたのを、結局断念し、いまは半遁世の生活を送っています。この施設は彼の人生哲学の象徴的なものなのでしょう。


先日チェンマイに3年ぶりに来られた支援者のTさんもこちらにご案内しました。TさんとYvesという私の知り合いの中でも突出した深い精神活動をされ、なおかつその鍛錬に日々勤めている二人が揃った空間は、特別な『気』を放っているように思えました。
[PR]
by karihaha | 2015-02-16 01:44 | ブログ | Comments(2)

同窓会!!

楽しくも忙しかった年末・年始も終わり、今日からはもう2月に入りました。というわけでこのブログの放置状態も極まれりの日々だったのですが、その間色々なことがありました。そのほとんどがポジティブなこと。 それらのことは時間を見つけて除々に書いていければと思います。


その一つが昨晩の四年ぶりとなる、すっかり大人になった女性たちとの会合です。彼女たちとは15歳のときからの付き合いで、前職でのプロジェクトの一つとして、家庭環境が良くなくても勉強の意思を強く持っている少女たちを支援するプログラムを立ち上げました。毎年10人を選抜し、都合3年間で30人の少女たちには奨学金の他に、毎週末財団に来て英語を始め、数学・化学の補習を受ける機会があったのです。その他にも成績や出席率によっては奨学金に影響がでたり等、厳しい規則も設けました。

月から金までは学校、そして週末は財団へという生活を続けるには固い信念がないと出来ません。もちろんドロップアウトする子供たちがでました。色々な問題も起きました。それは思春期特有のものであったり、人間関係であったり。


去年チェンマイ大学を卒業したその一期生の卒業式(タイの大学の卒業式は殆ど1年遅れぐらいに行われます)に合わせチェンマイを再訪した、当時のプログラムのニュージーランド人責任者Sの声かけで、同窓会をすることになりました。
c0071527_160228.jpg
c0071527_1601214.jpg
c0071527_1604772.jpg

地方で学生生活を送る子供たちを除いて、13人が集まりました。まだ現役の大学生が殆どですが、その内12人がチェンマイ大学生という、プロジェクトを立ち上げた私たちが目標にしていた国立大学の学生になっていました。大げさかもしれませんが、これは私たちにとっては『快挙』です。

皆が口々にあの時にチャンスを貰えなかったら、今の私はなかったと言ってくれます。その言葉は本当にありがたくて心に沁みるのですが、15歳からの3年間、あれほどの過酷なスケジュールを乗り越えた彼女たちを心から褒めてあげたいと思います。
[PR]
by karihaha | 2015-02-01 16:03 | ブログ | Comments(0)