「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

それぞれの進路

c0071527_1659293.jpg

Ahtit
Ahtitもあの闘鶏用の鶏の『お父さん』として働きだして早いものでもう3ヶ月になるそうです。
前回の一時帰国から帰ってからは彼に連絡しなければなー、と思っていたところタイミング良く電話がありました。

まず一番に心配なのはちゃんと仕事を続けているのかどうかということです。また泣きながら「もう辞めたい」と言ってくるのではないかということが常に頭にあります。しかし今回の電話は今月末から2週間ほど休みをもらって家に帰るというものでした。その期間中彼の実家のあるラフ族の村では新米を食べる儀式が次々と行われるそうです。

養鶏場では1人で鶏の面倒をみているため、一日も休みがないとは言え、働きだして3ヶ月足らずで2週間も休みを取るのはさすがにダメだろうと、「まず経営者に休みを取りたいが、何日間休ませてもらえますか」と聞きなさいとアドバイスしました。純粋ではあっても、まだまだ世間知らずの彼にはそんな助言をすることも大事なことだと思っています。

結局1週間の休みが下りたそうで、彼の職場から実家へのバスの乗り継ぎ地点である、私の住まいからも近いバス停で待ち合わせすることになりました。

聞いてみると月給は3千バーツ(1万円)で、その他には売れたときは僅かながらコミッションが入るそうです。その他に寮や食事は供給してもらっています。タイの最低賃金が一日300バーツということを思えばお給料が少なすぎる気がしないでもありませんが、彼自身が楽しんで働けるのならよしとしなければ。


見ると何やら大きなビニール袋を持っています。中身は実家へのおみやげなのでしょう。「お母さんにお金も上げないとね」と言うと、「分かっている」と答える彼は、昔から本当に母親が大好きな孝行息子です。

学習障がいのために学業を途中で投げ出しましたが、今回会ったときは、ちゃんと自分の足で歩き出したんだ、と思わせてくれたAhtitでした。
c0071527_170418.jpg

Taew
中学2年時に出会った彼女を支援して4年あまり、彼女も来年はいよいよ大学生です。大学への編入試験ももう間もなく始まります。

彼女の進路については何度か話し合ってはいたのですが、ここに来ての一番の問題は経済的なことでした。ビルマの難民として移り住んできた彼女の母親は二人の娘をタイで生みましたが、タイ国籍を取得することなくいまに至っています。

タイで生まれて18年、当たり前と言えば当たり前かもしれませんが、いまだにタイ人が普通に与えられる権利、つまり健康保険はおろか、通行の自由(郡と郡や県と県を往来する権利)も制限されています。

このような人々は普通、本人の意思というよりは親のニーズに合わせて、早い者であれば小学校卒業をまたずに働きはじめることも稀ではありません。ですからTaewが大学の門を叩こうとしていることなどは、本当に異例中の異例です。ですから尚更何とかしてあげたいと思い続けていました。

しかしTaewには大学進学の際にタイ人であれば一般的に授与される返還義務のある奨学金を借りる道は閉ざされています。このことがそのような立場の学生たちの進学率を極端に低くする要因にもなっているようです。このように私の奨学生の中では経済的に一番難問題を抱える彼女です。つまり他の奨学生たちは皆タイ国籍があるので、上記の奨学金を借りる資格があるのです。結果的に授業料と小額(月2千バーツ)の生活費相当の奨学金が借りられる、ということは、学業と最低限の生活は保証されているということです。

そのような事情ではTaewを大学に行かせてやりたいのは山々だけど、私の手に負えないかもしれないと思っていました。


そんな中、こちらで知り合った日本人の方から「誰か支援をしてもいいので紹介して下さい」という話が飛びこんで来ました。経費の一部でも支援をして下さったら、と一も二もなくTaewを紹介することにしました。

結果的にはTaewにとってはまさしく「足長おじさん」が出現することになったのです。オファーしていただいた内容は彼女が4年間の学業を全うするだけではなく、いま放課後、生活のためにしている日本食店でのウエイトレスのアルバイトを中断できるものです。近づく入試の準備が出来るようにという配慮です。目出度く大学を卒業すれば、タイ国籍取得の道も大幅に広がります。

今回のことはいままでのタイ国籍がないということでのさまざまな不便や障害にも関わらず、まじめに勉強を続けていた結果と言えば言えるのですが、いまは『ラッキーガール』が一番ピッタリする形容のような気がします。


さあ、あとは同じく来年には大学生になるBooと中学入試を迎える双子のPraeとPloyの進路です。彼女たちはどうするのかなー?
[PR]
by karihaha | 2015-09-28 17:05 | ブログ | Comments(0)

飽きないなー。

今回の一時帰国は帰りに台湾の高雄に寄り一週間過ごしました。2,300万人の人口のうち、300万人弱が居住している、人口的には台北よりも大都会だとか。

帰りのフライトは台北に戻って超格安フライトを利用しました。V AirというLCCはシートセレクト、飲み物を除く機内食(内容は言わぬが花)そして20kgのチェックイン荷物代金込みで、何と3,080元つまり円では12,500円弱という信じがたい値段で、正直「大丈夫か?」と思ったのも事実です。案ずるよりは生むが易しとは言っても、チェンマイの上空にアプローチがアナウンスされると正直ホッとしました。


上空からのチェンマイの夜景はそれまで過ごした大都会とは全く違うボリュームのつつましい(?)明るさ。 「アー、チェンマイは‘田舎’だったんだ」と思わされた瞬間でした。 


でも面白いですよ、ここは。この数日間だけでも私としてはかなりツボの出来事が。。

仏さまの頭
無事チェンマイ空港に到着し、イミグレへ。順番になって係官の前へすすむと一番目につくところに、『お釈迦さまの頭をおみやげにするのは禁止』というポスターが貼ってありました。写真にはお釈迦さまの頭部だけの写真が添付されています。

一瞬「は?」と、すぐには理解できなかったのですが、多分頭部だけのお釈迦さまは不敬ということなのでは?? ちなみに仏像もある程度のサイズ以上(20~30cm)の国外持ち出しは禁止らしいですね。

無賃乗車
今日。 奨学生の1人に会うためにソンテウ(乗り合いトラック)に乗り込みました。旅行中に携帯が壊れて修理中のため、緊急の連絡がつかなかった彼女に直接学校に会いに行ったのです。

乗り込んだとたん20代とおぼしき青年が「今日はタダですよ」と言いながらパンフレットをくれました。TMB(軍隊銀行)のプロモーションで普段は20バーツの料金を支払うべきところを、銀行が貸し切って、利用者にはタダの宣伝だったようです。こんなことは長い滞在でも初めて。 降りるときには勿論「ありがとー」と大きな声で挨拶し、めでたく無賃乗車を終えました。


トラブルの渦中ではありますが、こんなことが心をなごませてくれます。
[PR]
by karihaha | 2015-09-18 23:00 | ブログ | Comments(0)

一時帰国

たったの3週間足らずでしたが、一時帰国+台湾旅行を経てチェンマイに戻ってきました。

私は関西出身ですが、今回は東京を皮切りに浜松・名古屋・大阪・神戸そして山口という主に友人と会うためのハードスケジュールをこなし、戻ってきたこの2日間も朝目覚めると『今日の予定は』とばかりに自分の居場所がさだかではなく、なおかつ楽しく充実した日々を思って寂しさも感じています。


そして帰ってみてビックリの事態がありました。これもさすがタイというべき出来事なのでしょうが、いまはその対応に追われています。

知ったことが現実であれば、つらいことですが、やはりこのブログできちんと書くべきことと思っています。

私にとって最悪の事態ではないことを祈りつつ、でもある程度の覚悟はしてことに当たろうと思っています。

思わせぶりなことを書いてごめんなさい。でも、今回はこのブログをフォローしてくださっている方に個人的な内容ではあってもブログご無沙汰の理由報告をと思いまして。
[PR]
by karihaha | 2015-09-17 23:01 | ブログ | Comments(0)