「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

二転三転、そして。

c0071527_3102859.jpg

            ↑ 新しい服でおすまし

何回かこのブログに登場している3人娘たち、NamuuとNok, Maaiの姉妹の母親たちはチェンマイ女性刑務所で服役中です、そして彼女たちと言えば1年前から知人の働く財団に預かってもらっていました。

ところがココに書いたように、突然その財団の方針変更で居ることが出来ないと言われ、「いやいやNok, Maai姉妹の母親は多分今年中には出所するので、それまでだけでもとお願いした結果、その線で行こうということになり一件落着と思われました。

しかし、今月に入ってまたまた問題発生です。財団の幹部がチェンマイは年齢が比較的高くて、意思に反して買春等の被害にあっている女性専用の施設、という本来の目的にすぐに戻すと言い張っているというのです。確かに彼女たちは年齢もまだ低いし、直接の被害者ではないけれど、あのまま放っておけばその危険性に遭遇するであろうということで預かって貰ったのですが。。

解決策としては同じ財団の下で、より年齢の低い子供たちのための施設がチェンライ(チェンマイから北へ180km)にあるので、そちらにすぐに移って貰うか、親族に引き取ってもらうか、と迫られたのです。


Namuuに関しては親族云々の選択肢は考えられません。 この財団に行く前には以前からチェンライのおじに引き取って貰えるかと打診していたのが、固く断られているのです。 NokとMaaiにはチェンマイに母の姉がいますが、こちらも常に関わりたくないという態度。しかし、服役中の母親は出所後はメーソット(チェンマイから600km)に居る彼女たちの父親のもとには戻らない、つまりもう第2夫人にはならないと言っているので、チェンライに行かせてくれとの言。

NokとMaaiに関しては本心を言えばあの麻薬汚染地帯の村へは帰したくない、チェンライの施設という選択肢が現状ではベストと思っていたのですが、父親が公的保護者という現状では彼に判断を仰ぐしか仕方がありません。


その結果はあっさりと「チェンライへ」。 数年前までの「人の世話にはならん! 金はある!!」と強気一辺倒でいままでの財団と喧嘩ざたになったり、現財団でも色々細かい問題を引き起こして煙たがられている父親とも思えない決定です。結果はOKなのですが。。

これで一件落着、「やれやれ」と思ったのも束の間、今度は「チェンマイにある子供の施設で受け入れて貰えることになりました」という連絡。 Namuuはクリスチャン系の施設、そしてNokと Maaiは少人数の子供を預かるグループホームに決まったと。つまりチェンライには行かないと言うのです。

姉妹がNamuuと同じ施設に行かないのは、以前父親と第一夫人がチェンマイにきたときに、施設を見学したことがあるらしく、そのときも『大風呂敷を広げた』のが原因と聞きました。「この施設は貧困家庭出身で、受け入れる必然性をのある子供たちの物です」というもっともな理由で断られたとか。

なぜチェンライ話がここに来てキャンセルになったのか判然としませんが、彼女たちがチェンマイに居ることが出来るのならその方が私にとっては好都合です。しかしこの話にはさらにビックリするような続きがありました。

現財団のマネージャーから「グループホームの予算が逼迫しているので、1人月2千バーツの補助をお願いできないか」という打診があったのです。つまり2人で月4千バーツ(1万3千円)、年間5万2千バーツ(15万円強)。

「そんな予算は無いので」と即お断りしたのですが、よしんばあったとしても話の筋が違うでしょ!?と違和感一杯に。 まずは現財団が責任を取り、足りない分は父親か叔母が負担するのが筋では? なぜ私が第一位になってしまうのか??

とは言っても姉妹の落ち着き先を見つけるのが第一義なので、最悪の場合は半分ぐらいは仕方ないか、と思っていたところ後日財団が負担する、そして父親も二転三転の末にチェンマイで了承していると聞きました。


その後久しぶりに訪問した財団で子供たちにこの話をすると、まだ何も聞いていないと言います。話しをする中で知ったのは、それぞれの子供には彼女たちなりの希望がありました。

Namuuはチェンライに行きたい。おじ家族を始め、チェンライの寺院付属の学校で学ぶ弟のそばにいたい。 Nokはチェンマイ市内の進学校を受験したい。Maaiはあと1年を残すのみとなった小学校で課程を終えたい。それぞれにしごくまっとうなささやかな望みです。

「マネージャーと話してみるけど、メー(私)は貴女たちがチェンマイに居てくれるだけで嬉しい」と伝えましたが、チェンマイ残留以外は彼女たちの希望は叶えらませんでした。


先日の電話でNamuuは「メー、私チェンマイの財団に行くよ」と案外明るい声で言いました。実際、現状ではその選択肢しか残っていないのですが。


一応一件落着(?)とホッとすると同時に、こういう状況で翻弄される子供たちを見ていると、普段は忘れている、彼女たちの親たちの罪の深さをいやが上にも感じます。
[PR]
by karihaha | 2016-03-29 15:47 | ブログ | Comments(0)

S生徒寮ー水問題

チェンダオの保育所からさらに北へ行くと、先日日本人の方々と訪問した生徒寮に通うBちゃんの学校があります。Bちゃんの担任の先生との約束は午後2時でした。

来年度中学1年になる彼女に奨学金を授与することを決めたものの、最終決定の前に念のため担任の先生に会って素行や成績を聞いてみたかったのです。

到着したのは2時を回っていましたが、先生は教員室で待っていてくださいました。「事前に聞いていましたから」とのことで、話もスムーズにいき、奨学金の件は決定事項になりました。
c0071527_13212951.jpg


その後、壊れている井戸水のくみ上げポンプの件で近くのBちゃんの暮らす生徒寮に寄ることにしました。前回の訪問でこのライフラインとも言える水事情はとても気になっていたのですが後になって前回の訪問時に参加していらっしゃった方が、水不足のため井戸に少し残るのみとなった井戸底の掘削費用を支援されることを知り、それなら私はポンプを支援しようかと思ったのです。前に書いたようにポンプが壊れてからはバケツでくみ上げているのです。
c0071527_13223842.jpg
                       ↑Hさんの写真より

中古でもという話だったのですが、新品の値段を調べてみるとチェンマイ市内の方が格段に安いことを知りました。結局週末に寮長のSさんが家族と出向いて来られ、購入完了です。
c0071527_13245854.jpg

c0071527_13254443.jpg


こちらが気にしている水事情もSさんはそれほど深刻に捉えていないようで、「洗濯はピン川でするし、飲み水は買っているし」と言います。でもシャワー用の井戸水はとっても濁っているよね、と言うと「あるもので何とか生き延びないと」と笑っています。まあ、それくらいでないとあの現状ではやっていけないのかも。

「でもやっぱり必要なのは食料と奨学金です」と本音もチラリ。


実はこの生徒寮の支援には迷いがありました。見る限りでは失礼ながら本当に『ナイナイ尽くし』という感があり、自分の力は微々たるもの、焼け石に水という印象をもったのです。でも前述したようにYさんが声を上げてくださったおかげで、「水だけは何とかしなければ」と決心したのです。


余談ですが寮長のSさんに好印象を持ったのも気持を押しました。

当初はBちゃんの担任に会いに行くのはSさんも同行すると言う話だったのですが、遠方に所用で居て帰れないという連絡が当日になってあったときは、「ああ、タイあるある」とまたか、とガッカリしたのですが、先生にちゃんと連絡していたこと、ポンプを買いに行こうと約束すると、前日の夜に確認の電話があったこと、当日はちゃんと時間通りにきたこと、そして業者に頼んだポンプ取り付けの日が決まったことを連絡してきてくれたこと等々。

普通の日本人相手なら「それが?」という内容ですが、ここタイに長く居るとそんなことも大いにポイントアップにつながります。


今後のことはさておいて、とりあえずは “蛇口から出る水“に貢献できました。
[PR]
by karihaha | 2016-03-23 13:32 | ブログ | Comments(0)

マイペンライはここにも

BooとBaanの住む村を離れて今度はいつものチェンダオ詣でです。 今回は友人が車を出してくれたので、効率が格段に違います。

次の目的地は5年前から支援している保育園と脳性マヒの障がい児Buuの住む村です。いまの時期、保育園生も巣立ちます。その前の週には郡役所主催の付近の保育園合同の卒業式があり、私も招待されていたのですが、役所とのちょっとした齟齬で行きませんでした。そこで卒業児に心ばかりの記念品を届けに行ったのです。
c0071527_15373268.jpg
c0071527_15374325.jpg


と言うのは最近の役所の決定でミャンマー難民の子弟で、役所に未登録の児童は郡管轄ではないと、卒業式にも呼んで貰えなかったので。 でも子供は子供です。勿論義務教育ではないので、UNICEFの定める『子供の教育の権利』の範疇には該当しないのですが、あんなに小さなころからいやが応にも『差別』を感じさせる処置には全く納得がいきません。

園舎も充分に広い現在のものから、わざわざ別の園舎を新築中です。新築と言っても郡がお金をだすのではなく、こちらのインターナショナルスクールの生徒たちが数グループがまとまってフィールドスワークの一貫として建築に関わっています。

私は現在使す中の園舎の建築資金を一部出資しました。でも今回の決定には納得できないという立場を貫いているので、新たな建物が完成してからプログラムに支援にするかどうかは考えてみると言ってあります。

私の感じていることは勿論村人や先生たちも同感ですが、『マイペンライ。長いものには巻かれろ』とばかりに沈黙を守り行動には至っていません。
[PR]
by karihaha | 2016-03-22 15:38 | ブログ | Comments(0)

進路

今週からは公立小・中・高校はどこも夏休み中ですが、それに先駆けての学年末・卒業シーズンに合わせ、私の奨学生たちの身辺にも色々変化があります。

まず双子のPrae/Ployが中学受験、公立中学は今週末に全国一斉に入試があります。彼女たちはチェンマイ市では2番目に上げられるWattanon中学を目指しており、人気の受験校ということもあり、かなりの競争率が予想されます。彼女たちの姉も同校の高2年に進級するので、是非合格して欲しいところです。

Ployは毎日夕刻に自宅近くのカルチャーセンターで山岳民族衣装(彼女はタイ人ですが)に身を包み、観光客と一緒に写真を撮るアルバイトで家計を助けていますが、中学ともなると授業料も高くなるので、私の方の奨学金の増額もやむを得ないと思っています。


高校受験するBaanは高校3年生を卒業したBooの妹ですが、最近まで進路について何の連絡もなく、私も意地のように沈黙を守っていたのですが、刻々と期限が迫る中根負けのあげく先週私の方から村へ出向いていきました。一般の奨学生とスポンサーという関係であれば、そのまま放っておくかもしれないのですが、彼女たちと妹のBuaを含めた3姉妹は10年以上前に知り合い、一時は財団で寝食をともにした中です。やっぱり気になります。

そこでBooと話して分かったのは、彼女は通信制の大学で観光科の単位をとって将来的にはガイドになりたいと言います。そして普段は川下りにくる観光客向けの村の食堂で働くと言うのです。日給は8時間働いて何と120バーツ(4百円)です。 例え3食付きとは言え、破格の安さです。支援して高校まで履修したのに、村の食堂でしか職がないとは。。

しかし考えてみたら彼女がチェンマイ市内や県外で全日制の大学を履修するのも経済的に苦しいというのもうなずける気がします。タイ国籍のない病弱の母親と二人の妹たちのことを考えれば、長女としてはいまのところは進学を断念することも仕方がないのかも知れません。

c0071527_2233127.jpg


引き続き妹のBaanの進路を相談するため学校へ。そこでは校長と担任の先生と話すことが出来ました。当初はBooが卒業した郡の高校へ行かせるつもりでしたが、校長先生の提案で、ランプーン市にある女子向けの寄宿制の公立中・高校はどうかと言われました。

そこは王女のプログラムの一貫で、授業料・宿舎費が免除される上、簿記や会計も学べます。卒業しても普通校よりは就職の道が開けているとおっしゃいます。校長は勿論Booのことをご存知で彼女の現状を残念がっておられる上での提案です。私も一も二もなく賛成し、寮生活中の個人的な出費は奨学金を出すと約束しました。

結果的にはそのことでBooが身軽になり、別の身の振り方を考えることも出来るのではと思っています。

それにしても今回Baanに会った時点では最初は地元の高校という話でした。母親の経済的能力では無理な場所です。それ以前に私への奨学金の要請もありませんでした。私が出向き、校長と話したことによって一応の進路が形になったのです。入試の1週間前の話です。

「何とかなるだろう、マイペンライ」がこんなときにも幅を利かせています。

本当は私も放っておけるのならこんなに楽なことはないだろうと思うのですが。。。


その他に中学卒業者が2人、大学受験した女性徒が1人の3人がいます。そして同じく高校で学業を終えた女性徒が1人。さすがに彼女たちは自分の進路を自分で決めました。そういう意味ではBaan15才の頼りなさが際立ちますねー。
[PR]
by karihaha | 2016-03-21 22:33 | ブログ | Comments(0)

夏休み突入!

一部を除いていよいよ長い夏休みに突入した学校。今週から午後4時から6時にかけての父兄たちの送り迎えのための交通渋滞の風物詩とも言える光景も、これからおよそ2か月間はお休みです。 これに伴って下校時の子供たち向けの駄菓子やジュース類の売り場も見られなくなります。 毎年のことですが、父兄たちが独自に契約する子供たちの通学バスやソンテウの運転手たちを含めて、生徒・学生向けの商売をする人たちはこの間何をしているのかな? 


政府系の寄宿学校で学ぶMemeeも先週末には親戚宅へ帰りました。 いつもの通り学校へ迎えに行き、Memeeの出身村の子供たちが通う郊外の学校へ送り届けます。この学校へはスクールトラック業をする彼女の叔父が子供たちを迎えに来るのに便乗させて貰うのです。このお蔭で村へは行く必要がなくなり以前に比べ随分楽になりました。


いつものことですが、Memeeにはお小遣い。それとチェンダオの保育園で旧正月行事を支援したときに贈られた彼女と同じ民族のリス族の民族衣装を譲りました。 それとおじ家族には近くの市場で買った鶏の丸焼きとお菓子を渡します。おじには『よろしくお願いします』の気持ちを込めて。


来期には中学3年になるMemee。 正直手に負えないと思ったこともありますが、少しづつ『まとも』な会話が成立してきていると感じます。彼女もそろそろ思春期脱出かな?
[PR]
by karihaha | 2016-03-13 18:07 | ブログ | Comments(0)

ある生徒寮

先週末には何(十・百?)回目のチェンダオ詣でした。

でも今回はちょっと普段とは変わっていて、こちらの有名ブログ『新明天庵便り』のブログ主Yさんの記事を見たのがきっかけで、チェンダオにある小さな生徒寮を訪問することにしたのです。

いつもなら1人、あるいは友人たちと行く行程も、呼びかけに応じた全くの初対面の方々とご一緒です。生徒寮訪問自体は楽しみでしたが、狭い世間をさらに狭くして暮らしている日々ですから、正直言って不安感はありました。 でも案ずるより生むがやすし、同行された方々が皆良い人、かつ個性的な面々で、楽しく有意義な時間を過ごすことができました。


さて、本題の生徒寮のことですが、まだまだ入り口を見ただけという感が否めないのですが、『支援の必要性』という意味では文句なく合格(?)ランクです。そのことがあの日以来私の頭を占めています。

     
まず着いてすぐのYさんの簡単な説明ではいま現在地下水をくみ上げるポンプが壊れていて、全員で8人の生徒と責任者Sさん家族の水補給は敷地内にある井戸水を桶で汲み上げていること。しかし井戸を覗いてみると、その水源も去年の雨季の水不足で今にも枯渇しそうですは。Yさんによるとその対策はもっと深く井戸を掘ることだとか。

その他にも日々の食費、特に現在の人数で一ヶ月50kgを消費するお米の調達。 子供たちの学費。これらを責任者のSさんが生産する穀物類で賄っているというのです。訪問前に聞いていたのはクリスチャン系の団体ということで、他の同種の財団と同じように当地あるいは国外の教会から献金等の寄付がないのかと聞いてみたのですが、皆無とのこと。 Sさんはこの家を7年前から運営し、夏休み明けの5月の新学期からは更に5人を受け入れると言っていました。

『もし私が同じ立場だったら』と思うと頭がクラクラしますが、Sさんは「子供が可哀想だから」と涼しい(?)顔です。


今回の訪問は普段は食べられない肉を思いっきり食べさせて上げようと、経費の一部を参加者が負担しての『ムーカタ(豚・鶏の水煮き)パーティだったのですが、その場で甲斐甲斐しく私たちや小さな子供たちの面倒を看ていたBちゃんに『一目ぼれ』をしたのは行幸でした。Bちゃんは夏休み明けに中学1年になり、聞くところによると10人のクラスメートの中では成績が良く、進学はチェンダオで一番の中・高一貫校に進学を希望しています。この学校には私の奨学金プログラムに属する数人の生徒たちも通っています。

この家の現状を見るに見かねて致し方なくと言う訳ではなく、Bちゃんの人柄に‘惚れて奨学金支援を決めることが出来たのは良かったと思っています。


でもやっぱりあの家、気になるなー。
[PR]
by karihaha | 2016-03-09 16:33 | ブログ | Comments(2)

それはないんちゃう?

3月に入るといよいよ長い長い夏休みがもうすぐです。一般的には3月中旬から5月中旬までの2ヶ月間。 酷暑の日々を自宅で過ごすことになります。

その先がけは政府系寄宿学校に寄宿しているMemee。3月5日には帰宅できるそうですが、丁度その日は用事があるので翌日に迎えに行くと約束してあります。たった一日だけですが同級生が全て帰ったあと1人で残るのは問題ないのかと心配にもなりますが、意外としっかり『大丈夫。上級生にも帰られない人がいるから』とのこと。まあ私と再会するまでは一週間も10日も来ない親戚を(あばれながら)待っていた経験から言えば一日ぐらい平気なのかな?


話は変わりますが、Memeeを始めとして旧職で知り合い、その後財団を離れた子供たちの面倒をいまもみていますが、10年前に知り合ったころはまだ5・6才という可愛い盛りだった彼らもいわゆる思春期真っ最中です。自分の子供がいない私は正直どう付き合っていけばいいのかと悩むこともあります。よく言われることですが、親も子供と一緒に成長する必要があるということを身に沁みて感じています。


さて、ここからは愚痴です。『どうつきあっていけば』というのは子供ばかりではありません。対大人との方が理解不能という経験をすることが多いのです。

直近でもそんな経験をしました。

先週の木曜日、去年の春に旧財団からチェンマイから500kmにあるメーソットの父親宅に帰宅させられたNokとMaai姉妹をチェンマイにある知人の財団に預かって貰う手配をしました。あれから1年。その間一度も連絡してこなかった彼女たちのおば(母親の姉)が『助けて!』と悲壮な声で言うには、現財団から子供たちを引き取るように言われたと言うのです。これは私にとっても晴天の霹靂でした。

彼女たちの母親はいももチェンマイ刑務所で薬物取引の罪で服役中です。おばはチェンマイで豆乳を売って自身の子供を育てています。姉妹が帰るとしたら父親のところしかないのですが、モン族の父親には本妻がいて、姉妹の母親はいわゆる第2夫人です。彼女は出所後はメーソットには戻らず、チェンマイで出直したいと言っていました。


電話を受け取ったあと、おばや本妻と話し学業面からもいまはチェンマイに居る方がいいという結論になりました。Nokは今年中学受験、そしてMaaiは来年度は小学6年です。


今週に入って財団の責任者と会うことにしました。急な帰宅の原因はなんだったのか、出来れば母親が出所するまで、そしてMaaiが小学校を卒業するまでのあと1年間預かってもらえないかという話をしました。

話の中で姉妹の生活態度に問題はないが、時々訪ねてくる保護者(特に父親)が、いかにもお金には困っていないという態度を取ること、訪問時間等の規則に従わないことが原因と言います。前の財団も同じような理由で帰宅を促されたのに。 無償で面倒をみてくれている財団には感謝しこそすれ、偉そうにする理由などないのに。しかしいざ帰宅させられるとなると泣きついてくる。。


もう放っておこうかとも思ったのですが、服役中の母親にとっては姉妹の親権を失う事態になりかねないので、とりあずはMaaiが卒業するあと1年間を何とかとお願いして了承してもらいました。その間には多分母親も出所するでしょう。財団の責任者は私の前でその旨を父親に電話で話しました。

それから数日経ちますが、おばはおろか父親・本妻からも何の連絡もありません。普通は一言お礼の言葉があってもいいと思うのですが。『一件落着、よかったよかった』で済ませているようです。

ホント、ストレスたまります。
[PR]
by karihaha | 2016-03-02 18:46 | Comments(0)