「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

叩けよ、さらば開かれん

c0071527_19435375.jpg
今年高校1年のDewは奨学生の中でも1期生とも言える生徒で、もう8年近く支援を継続しています。彼はずっと親元で生活しているのですが、最初は財団の特待生のような立場で週末の授業に参加し、私が財団を辞めたあとも奨学生としての付き合いです。

その間心臓病を患っていた高齢の父親は亡くなり、母子2人暮らしになりました。母親は父親と商っていた古物商をやめ、父親が亡くなった2年前からはホテルの清掃婦として働いています。

その母子が最近になって引っ越したというので、新居を見がてらの家庭訪問をしました。新居とは言っても、大きなダブルベッドがドンとかなりのスペースを占める一部屋の貸し部屋です。でも前の部屋に比べると、これでも随分便利で快適なようです。というのは前の部屋は雨漏りとねずみ被害が酷く、食べ物は何も外に出せなかったのです。その上ここにはWifiもあります。

Dewの下校を待ちながら母親と話しだすと、彼女はいつもの通り事細かく家庭の経済事情を説明しだします。

給料がいくら、毎月の家賃・光熱費・ガソリン代がいくら、食費がいくら。確かにその総額を聞くと、母親の掃除婦としての月収ではかつかつの生活でしょう。でも私も出来るだけの学資支援をしています。ここは聞き流すしかないのです。

私のタイ人の友人にも母親を一度会わせたことがあるのですが、その友人は「いくら困っていても他人に懐具合をぶちまけるなんて、行儀が悪い」と言います。彼女も2人の大学生の子供を女手1人で養っています。そんな彼女だからこその言葉ですから余計に重みがあります。ここタイでは日常茶飯事に聞くお金がらみの問題ですが、当たり前と言えば当たり前ですが、こんな“きんじ”溢れる人もいるのです。

さて、母親はさておいて、肝心のDewは15才の今も相変わらず頭脳明晰で素直な少年に育っています。いまはチェンマイ県で公立としてはトップクラスのY高校に通い、その中でも学校が選定した成績トップの子ばかりが学ぶ「スマートスチューデント」というクラスに属しています。

将来の夢は医者かエンジニアとタイの一般の子が、「将来の夢は」と聞かれると答えるプロトタイプな職業名ですが、彼なら本当に実現できるかもしれません。

かねてから「実は日本留学したい」と言っていたので、日本政府主管の奨学金情報を教えると、「日本語の勉強をスタートさせた」と教科書を見せてくれました。 

まだひらがなばかりのノートですが、『叩けよさらば開かれん!!』。ガンバレー。
[PR]
by karihaha | 2016-05-30 19:44 | ブログ | Comments(0)

HIV いまも

先週から始まった2016年度新学期も1週間が過ぎました。 しかし金曜日は仏教関係の国民の祝日で、生徒・学生たちにとっては良い息抜き(?)になったでしょう。


さて、新学期が始まって早速ココ に書いたように、奨学生の1人Khwanの兄弟を新規奨学生にするために自宅を訪問しました。前回Khwanの奨学金関係で訪問した時に知った、この家庭の経済的困窮の一助になればと思ったからです。


Khwanの兄、Kaetがそう言った経緯で今年度から私の奨学生グループの一員となりました。その手続き以外にもう少し詳しい家庭状況を、と色々質問すると、祖父母以外の同居人はKhwan, Kaet,以外にあと3人の孫。そして孫の1人の父親とKaetとKhwanの父親の計9人ですが、兄弟の父親は現在2年の刑で服役中で、現在は8人がスラム街の一室に同居しています。
c0071527_132640.jpg

そして働き手はと言うと、祖父母と兄弟のいとこの父親のみで、服役中の兄弟の父親はHIV感染症状が重篤で働けず、16歳と20歳の男の孫も無職とか。その上、兄弟のいとこ(11歳)と20歳の孫には知的障がいがあり、20歳の孫はHIV感染者です。 

他人の目からは、祖父母にとっては「これでもか」という試練のように思えます。


前回会ったときに薬物中毒では?と勘ぐった青年はHIV感染者だったのです。やせ細った身体から、20歳という年齢よりは随分若く見えます。 

以前にエイズホスピスでボランティアをしていた経験から、『母子感染』かと祖母に聞いてみました。20歳という年齢の彼の出世時はまだまだ抗HIV薬など流通しておらず、いまのように妊娠が判明次第血液検査をするようなシステムもなく、私がボランティアをしていた寺では毎日のように患者が亡くなっていきました。

しかし祖母からは驚くべき話が飛び出したのです。彼の父母は感染者ではなく、恐らく注射針から感染したのだろうと。ゴミの中に混じっていた注射針を誤って刺してしまったのだと。もう1人のいとこも同じように針を刺してしまったが、酷く腫れただけで、大事には至らなかった。

それが事実であれば何という不運を背負ってしまったのでしょう。思わず痩せた彼の背中をなでさすってしまいました。いまは毎月50バーツ自己負担のジェネリック抗HIV薬(GPO-VIR)を朝・夕2回服用しているそうです。
c0071527_134544.jpg

つまりこの貧しく不運な家族にとっては孫の利発な兄弟2人が頼みの綱になります。スラム街とだからと言うわけではないのですが、決して良好とは言えない生活環境ですが、何とか素直に育って、将来は、まだまだ遠い先ですが祖父母を含み家族の支えになって欲しいと思います。そのためのには今後もこの家族を見守っていかねばと思っています。
[PR]
by karihaha | 2016-05-24 01:41 | ブログ | Comments(0)

HIV,

先週から始まった2016年度新学期も1週間が過ぎました。 しかし先週金曜日は仏教関係の国民の祝日で、生徒・学生たちにとっては良い息抜き(?)になったでしょう。


さて、新学期が始まって早速ココ に書いたように、奨学生の1人Khwanの兄弟を新規奨学生にするために自宅を訪問しました。前回Khwanの奨学金関係で訪問した時に知った、この家庭の経済的困窮の一助になればと思ったからです。

Khwanの兄、Kaetがそう言った経緯で今年度から私の奨学生グループの一員となりました。その手続き以外にもう少し詳しい家庭状況を、と色々質問すると、祖父母以外の同居人はKhwan, Kaet,以外にあと3人の孫。そして孫の1人の父親とKaetとKhwanの父親の計9人ですが、兄弟の父親は現在2年の刑で服役中で、現在は8人がスラム街の一室に同居しています。
c0071527_132640.jpg

そして働き手はと言うと、祖父母と兄弟のいとこの父親のみで、服役中の兄弟の父親はHIV感染症状が重篤で働けず、16歳と20歳の男の孫も無職とか。その上、兄弟のいとこ(11歳)と20歳の孫には知的障がいがあり、その上20歳の孫はHIV感染者です。 

他人の目からは、祖父母にとっては「これでもか」という試練のように思えます。


前回会ったときに薬物中毒では?と勘ぐった青年はHIV感染者だったのです。やせ細った身体から、20歳という年齢よりは随分若く見えます。 

以前にエイズホスピスでボランティアをしていた経験から、『母子感染』かと祖母に聞いてみました。20歳という年齢の彼の出世時はまだまだ抗HIV薬など流通しておらず、いまのように妊娠が判明次第血液検査をするようなシステムもなく、私がボランティアをしていた寺では毎日のように患者が亡くなっていきました。

しかし祖母からは驚くべき話が飛び出したのです。彼の父母は感染者ではなく、恐らく注射針から感染したのだろうと。ゴミの中に混じっていた注射針を誤って刺してしまったのだと。もう1人のいとこも同じように針を刺してしまったが、酷く腫れただけで、大事には至らなかった。

それが事実であれば何という不運を背負ってしまったのでしょう。思わず痩せた彼の背中をなでさすってしまいました。いまは毎月50バーツ自己負担のジェネリック抗HIV薬(GPO-VIR)を朝・夕2回服用しているそうです。
c0071527_134544.jpg

つまりこの貧しく不運な家族にとっては孫の利発な兄弟2人が頼みの綱になります。スラム街とだからと言うわけではないのですが、決して良好とは言えない生活環境ですが、何とか素直に育って、将来は祖父母を含み家族の支えになって欲しいと思います。そのためのには今後もこの家族を見守っていかねばと思っています。
[PR]
by karihaha | 2016-05-24 01:35 | ブログ | Comments(0)

新年度、新奨学生

明日からは大学を除く小・中・高校の2016年度新学期が始まります。

今年度の奨学生20数名の内、従来から引き続き支援している生徒たちからは中学1年4人、高校1年1人そして大学1年1人が目出度く進級します。

とは言っても中には小・中一貫校や、中・高一貫校で学んでいた生徒が同じ学校に進級するケースもあり、どきどきしながら入学試験の結果を待ったのは中学1年生の双子、そして大学1年になった、両親がミャンマーの少数民族タイヤイ族出身でまだ国籍がない女学生だけです。

特に気にかかるのは大学1年になるTです。大学はASEAN統合の影響で、8月15日前後からが新学期なのですが、前述したように彼女にはタイ国籍はありませんが、大学を目出度く卒業したら国籍取得へのチャレンジという大きな可能性が待っています。つまり高学歴になればなるほど国籍取得の可能性が広がるのです。本当に頑張って欲しい、と心からエールを送っています。
                  ↓ T旅行土産。気持ちがうれしい
c0071527_18593737.jpg

さて、今年度新たに受け入れた奨学生の中には「予定外だよー」という生徒たちもいます。まさしく話の経緯から「やむにやまれず」というケースです。

と言いますのは、何回か登場しているチェンダオのS生徒寮。いままでの主な支援は井戸の水くみ揚げポンプや寮生のための米そして寮の電気代そして1人の寮生への奨学金ですが、これだけでも継続するとなるとちょっとした金額になります。、

それが何故あと2人の女性徒への奨学金も、ということになったかと言うと、とにもかくにもS生徒寮のナイナイづくしが原因です。 旧年度中は8人の生徒だったのが、私が奨学金支援を決定した1人が実家に帰り、Sさんも少しは楽になるかと思っていたのに、また5人の生徒を受け入れたというのです。

そこでSさんの寮生選択基準を知りたく、先週始め、チェンマイから北へ90kmほどの郡へ5人中の1人の女性徒を迎えにいくのに同行させてもらいました。
c0071527_194761.jpg

行ってみると家の様子や家族状況からも受け入れるのにやぶさかではなかったかもという印象を持ちました。その彼女は今年中学3年生ですが、8人兄弟の母は現在の夫が3番目で、その間に8人の子供を生み、上の男子たちは行方不明、姉は既婚そして継父からは疎まれるという状況です。

「そうか、それは仕方が無いな」と同行したYさんと納得した次第。

彼女を連れて寮に戻ると、3人の新寮生の男の子たちが父兄に連れられて來寮し、Sさんを待っていました。

「うん?」

寮の敷地には乗ってきた新品のピックアップトラックが止まっています。男の子や父兄の身なりも普通で特に困っているようには見えませんが?? でも残念ながら彼らの詳しい状況はまだ分からないので、何とも言えないのですが。。

そして5人目は今年中学1年に進級する女性徒です。彼女は政府系寄宿学校で学んでいるのですが、夏休み中はずっとS生徒寮にいたそうです。両親は服役中、唯一の身寄りの祖父は責任を取ろうとしない、学校ではいじめにあっていたということで、戻りたくないと言っているとか。

Sさんは他の生徒たちの費用は算段できたけど、この2人の女性徒の分で困っていると訴えてきます。

新しい学校への登録はもうあと1週間後に迫っています。内心では「気持ちは分かるけど、そんな経済状況で何んでひきうける?」というモヤモヤがあるので、急遽設定した2人の女性徒との面接でもきっと態度に出ていただろうなー。

生徒たちにしてみたらやっと安住の地が見つかったと思ったら、へんなおばちゃんが偉そうに(?)色々聞いてくるのでとまどったことでしょう。


面接後少し愚痴を言う私に、同行していたYさんは「そうは言ってもずるずると行ってしまうのでは?」とおっしゃるのですが、Sさんの人柄の良さは認めるし、「心意気や良し」という気持ちはあるけど、経済的な面では引き取った方がSさんだけではなく、生徒たちもしんどい思いをするのではと思うのですが。。


長引く旱魃でまたまた井戸が枯れてしまっています。 生徒と家族を入れて15人分の水を川から運んでくるのは大変だろうなー。
[PR]
by karihaha | 2016-05-15 18:25 | ブログ | Comments(0)

家庭訪問

こちらの小・中・高校の大半が長い夏休みもあと1週間で終わり、いよいよ2016年度の新学期が始まろうとしています。いつもこの時期になると、特に新学期が始まると、奨学金関連で少しバタバタします。

Khwanは私の奨学金授与生の中では最年少で、今年は小学3年生です。過去2年間は授業料のみの支援でしたが、通う学校が公立小学校にしては金額的には高く、一応の基準としている小学生には年間5,000バーツをはるかに超えてしまいます。これは去年から新校長になってからの突然の値上げで、ことほど左様に『義務教育の無償化』などと言う政府のお題目は全くの幻という典型的な例になります。


ただ地方自治体に属する学校はその3分の1とか、郊外・山間部の学校の中には本当に無償というところもあり、一概には言えないというところです。


さて、Khwanの授業料に戻って、数日前に祖父から電話がありました。新学期が始まるのが5月16日からで、その前に払い込まねばならないと言って来たのです。3月末には保護者会があり、金額的なこと等はそのときに分かっている筈なのに、タイ人のそんな悠長さには慣れてはいても随分のんびりした話です。

「分かっているからその払込書を私の自宅まで持ってきて」と言うと、「忙しい」。私もカチンと来て、「16日に行けるかどうか検討してみる」と言って電話を切りました。

実は今までは新学期が始まると払込書を受け取りに学校まで行き、学校付近の銀行で振り込みを済ませたあと、再び銀行の領収書を持って学校に引き返すということをしていたのです。学校からは領収書は新学期の1日目に担任の先生に渡すように決められているのです。


父兄が私のところまで払込書を持ってくれば新学期が始まるまでに振込み、余裕を持って自宅なりに届けられるのにと、常々思っていたのですが、「さすがに少し意地悪だったかな、Khwanがやきもきしているだろうな、16日には行かなきゃな」と思っていた矢先、翌日になって再び電話が。今度は祖母で再度のプッシュでした。お尻に火がつき始めたころに慌てているようです。

「やれやれ」
c0071527_22143878.jpg

それなら普段は学校で子供にしか会っていないけど、久しぶりに家庭訪問をしてみるか、と暑い日中を避けて出かけることにしました。

Khwanの家はチェンマイ市の南に広がるスラム街の一角にあります。付近はかなり“香ばしい”匂いの小さなドブ川が流れ、山岳少数民族やタイ人が思い思いの掘っ立て小屋のような家を建てて暮らしています。

Khwan宅には現在祖父母と親戚や孫の9人住まいです。一家の大黒柱は60過ぎの祖父で、彼が生計を立てる下に5人の孫が同居し、そのうちの3人はKhwanを含めてまだ小学生です。

祖父に「仕事はうまく行っているの?」と聞くと、以前までやっていた警備の仕事は辞めてしまい、いまは廃品回収だけしているとのこと。「忙しい」と言っていたのは???

しかし廃品回収だけであれほどの大家族をどうして支えていけるのでしょう? 前回の訪問時に居たKhwanと1歳上の兄のHIV感染者の父親の姿を見かけないので聞くと、刑務所で服役中とか。 そしてこれも前回会った孫の1人、中学を中退した男の子は前回とは様子が打って変わり、一目見ただけで『薬物中毒』を疑わざるを得ません。


そんな状態で祖父母たちはどこまで持ちこたえられるのか? いずれは子供たちに新しい落ち着き先を見つけてあげないと、かもなー。


そんな状況の中の救いはKhwanと自治体の学校に通う兄が利発なこと。兄は以前から口達者でしたが、今回もKhwanの成績が少し落ちてしまったことを注意していると、「僕は2教科を除いて全部満点を取ったよ。でもKhwanの学校と違って先生はまともに教えてくれないし、簡単なんだけどね」と話してくれました。かなり現実が分かっています。2人(+いとこの1人)ともなにとぞこのまま素直に育ってくれますように。

「よーし、おばちゃん、とりあえずはあと2人分の奨学金も面倒見てしまおう!」
[PR]
by karihaha | 2016-05-08 22:19 | 30バーツ健康保険制度 | Comments(0)

雨!!!

出かけようと思った矢先、また雨が降ってきました。

この2・3日、午後の短いあいだだけど雨がふります。あの酷暑・煙害・旱魃に3ヶ月間耐え抜いた私たちにとっては待ちに待った時です。

まさしく『恵みの雨』。一降りであの三重苦を一気に解消するのですから。会う人ごとに「雨が降ったねー」と言い合う私たち。それほどの待望の雨です。

チェンダオのS生徒寮では一時期井戸が干上がったそうです。窮余の策として、近くの小川に水を汲みに行っていたそうです。折角寄付した水汲み上げポンプがフル稼働するのはもう間もなくでしょう。


そんなある日、以前勤めていた財団に今もいる2人のモン族出身の姉弟の祖母から久しぶりに電話がありました。姉は今年の新学期から小学校6年生ですが、それから1年後つまり中学1年からは引き受けられないと言われたそうです。姉が去るとなると弟は1人では絶対にいたくない言っているとか。

どのような理由で? とは思ってはみたものの、いままでも理由にもならない理由で財団を出された子供たちのリロケーションの面倒をみたので、「ああ、またか」という感慨しかありません。祖母としては子供たちの両親が服役中という現状に変化はなく、経済的に面倒をみれないのでどこか新しい落ち着き先を探して欲しいと言うのです。 

まだ1年あるので、「心当たりをあたってみますね」と電話を切りました。
c0071527_1955746.jpg

そして昨夜、再び親戚から電話があり、それは服役中の父親が獄中死したので、女性刑務所に服役中の母親に最後に会わせてあげるわけにいかないかという相談でした。つまり母親の一時帰宅はできないかと言うのです。

「もう刑務所係官とは連絡とっていないので、助けて上げられない」と答えた私。例え連絡が取れても無理な話だというのは百も承知でそういうしかありませんでした。

姉弟の両親は薬物所持及び売買の罪で25年の刑を受けました。私たちが姉弟を財団に引き取ったのは8年前ですから、夫婦は少なくとも8年以上お互いに顔を合わせていないことになります。その間彼らの母親は実家の母を亡くし、今度は夫です。彼女自身もHIV/AIDSに感染しています。
c0071527_1964772.jpg

8年前、子供たちを財団に引き取るか否かの判断する一貫として母親を刑務所に訪ねていったことがあります。罪については彼女は無実だと言い張っていました。主人と車で買い物に行こうとしていたら急に止められて検挙されたと。普段から無実を主張する服役者には慣れてはいましたが、この母親のことは「本当かも?」と思わせるに充分な印象でした。


37歳だったという父親。身から出たさびとは言えさぞかし無念だったでしょう。

ただただご冥福をお祈りします。
[PR]
by karihaha | 2016-05-04 19:09 | ブログ | Comments(0)