<   2017年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ムーンサーン寺

雨季まっただなかの今日は、特に何の予定もないまま、それでは部屋でネットサーフィンでもしようかと思っていたのですが、イヤイヤ、気になっている場所に行ってみようと思い立ち出かけました。


先の大戦、ビルマ・インド進攻時(インパール作戦)には野戦病院として多くの傷病兵が傷を癒したり、惜しくも亡くなられた兵士の方々が祀られている場所、『ムーンサーン寺』と呼ばれるお寺がチェンマイ市内にあります。ここでは毎年8月15日に慰霊祭が行われるので、チェンマイ在住者には知られた場所です。

私自身は一昨年まではバーンカートと呼ばれる、いまは高校の敷地内にある慰霊碑で行われる慰霊祭に参列させていただいていたのですが、昨年は近場もあり、初めてここムーンサーン寺での行事に参列させていただきました。 その時、こんなに近くにあるのかと驚いたのを覚えています。

そして今年に入ってからは何度かお参りに行かせていただいており、今日も思い立って行ったわけです。

着いてみると、予想(?)通り、先月私がお供えした花が備え付けの大きな花瓶の中で枯れ果てていました。
c0071527_19430737.jpg
c0071527_19433999.jpg

まず祭壇周りを清掃して、持参した花、ご供物を供えました。そしてこれも持参した線香・ろうそくを灯そうとすると、前回は志納箱にあったライターが見当たりません。そこで寺の外で本を読んでいた僧にマッチをお願いすることにしました。

点火に少し手間取っていると、寺のお手伝いをしていると思しき女性が近寄ってきて、『家族が祀られているの?』と聞きます。 『いいえ、日本人として、この地で戦争で傷ついたり、亡くなられた同胞を偲んでいるんです」と答えました。彼女はその言葉を黙って聞きながら、マッチの風よけに手を差し伸べてくれました。


ムーンサーン寺は土曜定期市の開かれる、チェンマイ門から延びるムアライ通りの中ほど、特徴のある牛の象が祀られている小広場から少し奥まったところにあります。
c0071527_19443275.jpg
発音だけで言えばムーンサーン(月・太陽)と、覚えやすいかもしれませんね。

[PR]
by karihaha | 2017-07-12 19:45 | ブログ | Comments(0)